「コロナ禍でのおうち時間が増えたことで、1日のうちブラジャーを着けている時間が減った、家ではノーブラで過ごすようになったという人が増えています。その結果、『バストが垂れた』『形が崩れた』『ハリがなくなった』という声が後を絶ちません」

そう語るのは、All About「ボディメイク」ガイドで、下着コンシェルジュの山田奈央子さん。

実際に全国の20〜60代の女性500人を対象に行われたアンケートによると、リモートワークなどの在宅時間の増加によって、ワイヤー入りブラジャーの着用頻度が減少し、4人に1人が“脱ブラ”傾向に。そのうち半数が「バストが垂れた」などの悩みを抱えている(株式会社Belletia調べ)。

コロナ禍の“脱ブラ”によるバストの垂れ、いわゆる「コロナ垂れ胸」が急増しているというのだ。

美乳研究家のMACOさんは脱ブラについて、こう警鐘を鳴らす。

「家にいるときも、きちんとブラジャーを着用していないとバストは確実に崩れます。また、肩こりがあるなど、肩甲骨やバストまわりの筋肉がこり固まると血流やリンパの流れが悪くなり、バスト崩れの原因に。とくに40代以降は脂肪が増えて筋肉量が減るため、ハリが落ち、垂れやすくなってしまうのです」

そこで2人に、40代以上の女性でも間に合う「美バストのための6カ条」を教えてもらった。

【1】生活シーンに応じたブラジャーを着ける

まずは生活シーンに応じたブラジャー選びが重要。

「垂れ胸の要因となるのが、バストの縦揺れ。外出時は歩いたり階段を上ったりと、揺れる機会が多いのです。そのため、ワイヤー入りのブラジャーを着用して、しっかりと胸を保護しましょう。自宅ではノンワイヤータイプでも問題ありませんが、『バージスライン』という、ブラジャーのワイヤー部分が当たる下乳ラインをしっかり支えてくれるタイプを選びましょう」(山田さん)

就寝時は「ナイトブラ」の着用が必須だという。

「寝ている間も放っておいてはバストはどんどん崩れます。うつぶせはバストがつぶれてしまうのでもってのほかですが、あおむけでもノーブラではバストが360度に広がってしまいます。ふつうのブラジャーでは締め付けが強すぎるため、血流を妨げずにホールドしてくれるナイトブラを着けましょう」(MACOさん)

20〜30代のころと同じブランドのブラジャーを着用している人は要注意!

「若い世代に向けたブラジャーはバージスラインのワイヤーが短いものが多い。しかしバージスラインは年齢とともに広がっていくので、自分の年齢に合ったブラジャーを選びましょう。ストラップは太めがオススメ。バストを引き上げて垂れを防ぐだけでなく、肩こりも解消してくれます」(山田さん)

【2】ブラジャーは正しい手順で着ける

〈1〉ブラジャーのストラップを両肩からかけて体を前方斜め45度に倒す。 〈2〉バストをカップにおさめてホックを留める。 〈3〉体を前に倒したまま、背中、脇肉、バスト下の肉を手で流し込むようにしてカップにおさめる。 〈4〉ストラップを肩との間に人さし指1本が入るように調節する。 〈5〉ブラジャーの背側が前側よりも低くなるようにアンダーベルトを下に引っ張る。そうすることでバストトップが高くなる。

【3】肩まわりの筋肉をほぐす

正しくブラジャーを着けるほか、肩まわりをほぐしたり、筋肉を刺激したりすることを習慣にしよう。

「美しいバストのためには、肩甲骨まわりをしっかり動かすこと。肩甲骨まわりが柔軟になると姿勢が正され、血流がよくなりハリが出て、若々しいバストに生まれ変わります。2日に1回でもいいので、すき間時間に行いましょう」(MACOさん)



■ペットボトルで大胸筋を鍛えよう!

【4】ペットボトルダンベルで大胸筋を鍛える

バストの約9割は脂肪でできているが、美しいバストを保つためには、残り約1割の筋肉を鍛えることが必要不可欠だ。

「バストの土台となる大胸筋と、引き上げる役割の小胸筋を刺激することで、バストの崩れを防ぐことができるのです」(山田さん)

〈1〉水を入れた500mlのペットボトルを2 本用意する。 〈2〉両手にペットボトルを持って両腕を広げる。このとき腕は床と平行になるようにする。 〈3〉広げた腕を伸ばしたまま胸の中央まで引き寄せる。2〜3をリズミカルに10回×2セット行う。

【5】化粧水を胸まで塗る

ハリをアップさせるには化粧水をバストまで塗ることがポイント。お風呂上がりなど、顔に化粧水を塗るときは胸まで一緒に塗ると、保湿されてふっくらとしたハリのある若々しいバストに。塗るときは首からデコルテにかけてリンパを流すようにするとなおよい。

「化粧水を顔に塗る際、そのままバスト全体にも塗ってあげましょう。すると質感が変わり、ふっくらとした若々しいバストに。首からデコルテにかけて優しくなでるようにリンパを流すとより効果的。“胸までが顔”と意識していたわることが大切です」(山田さん)

【6】タンパク質を積極的に取る

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが豊富な大豆製品を取ることで、血行が促進されてバストの老化を防ぐ。美バストに重要なタンパク質も積極的に取ろう。

バストケアは何歳からでも遅くないとMACOさんは言う。

「70代で美バストを取り戻した方もいます。年齢に関係なく正しくケアすれば、美しいバストは手に入れられるのです。バストが垂れると、皮膚でつながっている顔までたるんでくるので、バストケアで顔のたるみも予防しましょう」

正しくケアして、“コロナ垂れ胸”とおさらばし、美しい上向きバストを取り戻そう!