「人生変わったー」

女優の桐谷美玲(32)がICL手術を受けたことをインスタグラムで公表。裸眼視力が0.06から術後1週間検診で1.5まで回復していたという経過をつづっている。そもそも、ICLとは何か?

「ICLとは有水晶体眼内レンズ挿入術といって、天然のレンズである水晶体を残したまま、眼内に小さな人工のレンズを埋め込む視力矯正術のことです。角膜を削るレーシックと異なり、角膜が薄い人でも可能なうえ、不具合があれば再手術もできます。こうした柔軟さから、受ける人が増えているのです」

そう語るのは、YouTubeなどでも目について発信している、二本松眼科の平松類先生だ。

「勤務が不規則な人、マリンスポーツを思い切り楽しんだりジムに通いアクティブに過ごしたい人にとってICL手術は快適になると思います。ただし、受けるのであればリスクも知ってほしい」

そう語る平松先生に、ICLのメリットとデメリットについて教えてもらった。

■40代以降の人は老眼リスクと相談して判断を

「術後にばい菌が入って感染症や合併症などのトラブルに見舞われることもゼロではありません。いつまでも目がゴロゴロするといって受診するケースもあり、神経質な性格の人には不向きかもしれません。またハローグレア現象といって夜間に光のにじみやまぶしさを自覚することがあり、夜間に車の運転をするような職業の人は慎重に検討したほうがいいと思います」(平松先生、以下同)

また年齢の問題もあるという。

「20〜30代であれば従来のICLを受ける恩恵は十分にあると思います。しかし40代で手術を受けた場合、数年で老眼がきてしまう可能性が高い。そうすると老眼鏡が必要となり、裸眼生活は終わってしまいます」

一方、すでに老眼になっているのであれば、老眼対応の遠近両用レンズを装着するICLという選択肢もあるという。

「オーダーメードなため、費用は通常のICLよりは高くなりますが、メリットは同じ。高齢になっても、老眼鏡なしに日々をアクティブに過ごしたい人にはいいでしょう」

老眼を自覚する年齢は45歳が平均だといわれる。この年齢に近く、まだ老眼を迎えていない人は、様子を見たほうがいいかもしれない。費用の目安は右下の表のとおり。レーシック同様に保険適用外で、手術費用は全額自己負担となる。

「60代や70代など、高齢になると白内障になる可能性が高い。白内障の手術は水晶体を取り除いたうえで、眼内にレンズを入れるというもの。この手術は保険が適用され、1割負担の人であれば1万5千円程度です。費用の負担が軽いですから、白内障手術を視野に入れ、50代以降の方はICLを見送るという選択肢もあります」

ICLと、遠近両用ICL、レーシックのメリットとデメリット、費用の目安をまとめた。これらを理解したうえで、慎重に判断しよう。



■ICL

・メリット 不具合があればレンズを取り除く再手術が可能。角膜が薄くレーシック不適格の人も可能。

・デメリット 0.5度単位と細かい視力調整ができない。ハローグレア現象が出るケースも。白内障になると再手術に。

・費用(目安) 45万〜66万円

■遠近両用ICL

・メリット 通常のICLと同様のメリットに加え、多焦点レンズで老眼に対応。

・デメリット 通常のICLと比較すると費用が高め。ハローグレア現象が強く出るケースも。

・費用(目安) 88万〜98万円

■レーシック

・メリット 0.01度単位で細かく視力調整ができる。ICLよりも費用が安い

・デメリット 角膜を削るので再手術は不可。加齢とともに近視が戻る可能性。ドライアイなど手術不適格なケースも

・費用(目安) 25万〜35万円

※費用(目安)は編集部調べ。