39度台の発熱で発覚した腎臓機能障害で緊急入院した佐野史郎(66)。5月4日、自身のSNSで出演中のドラマ『リコカツ』(TBS系)を降板することを発表した。

「医師からは『このままでは命にかかわる』と伝えられたそうです。彼の実弟は地元・島根の開業医で腎臓病が専門。彼にもアドバイスを求めたところ、コロナ禍の現状も考え、約1カ月の入院治療を決断したそうです」(ドラマ関係者)

佐野に発覚した腎臓機能障害は、実は国立国際医療研究センターが中心となって新型コロナ患者の情報を収集したデータベース「COVIREGI-JP」の最新データ(2月4日付)によると、重症で入院した患者の死亡率の1位になっている。

『感染症予防BOOK』(三笠書房)の著者で、元WHO専門委員の医学博士・左門新氏は、こう語る。

「今回のデータは科学的にリスクの大小を比較する解析法を用いていないので、必ずしもこの順位どおりにリスクが高まるというわけではありません。とはいえ、参考にはなります。新型コロナが出始めた当初に重症化するとされた慢性呼吸器疾患の約4割を超えて、腎機能障害が5割にもなっています。持病があって感染すると重症化や死亡リスクを高めること自体はデータも示しています」

腎臓の機能が低下すると、免疫も低くなりウイルス感染で重症化しやすいという。

「腎臓は血圧もコントロールするので、腎臓が悪いと高血圧になってほかの循環器臓器に悪影響を与え、動脈硬化を進行させます。すると、血栓ができやすくなり心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが高まります」

特に慢性腎臓疾患は、なぜなるのかまだ解明されておらず、よく効く治療薬もないという。

「腎機能の低下は自覚症状が少ないため検診データの把握が重要ですが、数値の変化が表れたときには悪化しているケースも多いです。50代以上の数%が慢性腎臓疾患になります。そのため、尿検査と併せ、血液検査では“クレアチニン”の値に注意を。治すことはできなくても進行を遅らせることはできます」



■心疾患と脳血管疾患の“共通点”とは

死亡率の2位は、固形悪性腫瘍、つまり“がん”だ。

「がんが進行すると消化器や肺、肝臓、腎臓など全身の臓器の機能が落ちるので、重症化しやすい可能性があります。抗がん剤によっては副作用として体の機能が落ちるものがあったり、免疫が落ちるので重症化のリスクがあります」

3位は、慢性呼吸器疾患。

「これは肺気腫を含むCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎などがその代表ですが、肺機能の低下で酸素交換が阻害され臓器に酸素が十分いかなくなります。ウイルスは肺に増殖して肺炎を起こすことから、呼吸器疾患の重症化リスクはかなり初期から言われていました」

心疾患が死亡率37%で4位、5位に同約27%の脳血管疾患となっている。左門先生は、この2つの持病には共通点があるという。

「新型コロナ感染症は、全身の血管に障害を引き起こす『血管病』でもあるのです。血栓が全身の血管にできてしまい、心臓に起これば心筋梗塞、脳に起これば脳梗塞となります。心疾患や脳血管疾患の持病のある人は、血栓が元来できやすくなっているので、新型コロナウイルスの感染でそれが助長されてしまうのです。心筋梗塞や脳梗塞の既往歴のある人も、同じ理由で重症化するリスクが高いのです」

6位が肝疾患。健康診断で肝臓の数値が少しだけ悪いとか、軽度の脂肪肝などは含まれないそうだ。

「この肝疾患というのは、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎などで高度な肝機能障害や肝硬変になっている人です。肝臓は生体内物質の代謝を担っているので、これらの病気があると全身の機能が低下し、重症化するリスクが高いです」

以下、糖尿病、高血圧、気管支ぜんそく、肥満と続く。

「糖尿病があると免疫の働きが落ち、健康な人には感染を起こさない病原体による日和見感染が起こります。当然、このウイルスにも感染しやすく重症化するリスクも高くなります。また、動脈硬化にもなりやすいのです。高血圧も同じく動脈硬化により血管の壁がもろくなり、血栓ができやすい。高脂血症も同じです。気管支ぜんそくは、呼吸機能の障害によって感染すると十分に息が吐けなくなって、酸素交換が悪くなってしまいます。肥満は、脂肪細胞から出るさまざまなホルモンが炎症を助長したり、感染抵抗力を下げると考えられます」

持病を抱える人々は、コロナ禍で不安になりがちだ。

「主治医と相談して薬をしっかり飲み、血糖値や血圧をコントロールしておくことが大事です」

「女性自身」2021年5月25日号 掲載