《ゴール後の選手が嘔吐してたらしいし、選手の今後の体調がめちゃ心配だわ……》 《競技後に嘔吐するトライアスロン選手…気の毒すぎる》 《アスリートファーストがこれか》

7月26日に開催された東京五輪のトライアスロン。その競技後、選手が嘔吐していたと『AFP』が写真付きで報じ、ネットで波紋を呼んでいる。

トライアスロンは「スイムの会場となる東京湾の水質に問題があるのでは」とかねてから疑問視されていた。『ABEMA TIMES』によると「雨の水と生活排水を一緒に下水処理場に運んで、そこで処理をして」東京湾に排水。しかし「(ゲリラ豪雨などで)あまりにも水が大量にきてしまうと、しょうがないから『これは塩素だけ混ぜて殺菌して海に流しちゃえ』としているのが現状」とのことだ。

そのためネットでは嘔吐について《東京湾の水質の影響なのでは?》《ゴールした後嘔吐してる人がいて、お台場の水質はやっぱダメだったじゃん!!って思った》《トライアスロンの人がめちゃくちゃ嘔吐して倒れてるの見ちゃったんだけど、会場の水質やばいのでは》と「東京湾の水質が原因」とする声が上がっている。

そのいっぽう、もう一つの“疑惑”が浮上している。それは気候だ。日本の夏は“高温多湿”であるため「東京五輪は暑すぎるのでは」と指摘されていた。

23日には、アーチェリーのロシア人選手が熱中症で倒れる事態に。さらに『スポニチ・アネックス』によるとトライアスロンの前日に開催された男子テニスでも、ダニール・メドベージェフ選手(25)が「信じられないほど暑い」と訴えていたという。

そのため「嘔吐の原因は熱中症では?」とし、ネットにはこんな声が上がっている。

《多分熱中症だぞ。暑い時期のトライアスロンの大会でぶっ倒れるのはよく見る》 《この暑さの中連続で1.5km泳いで40km自転車漕いで10km走ったらそりゃ誰でも吐くで》 《これのどこが「スポーツするのに最適な気候」なんだよ7月の日本》

双方の意見が分かれるなか、「どっちにしろ酷いのでは?」との声も。

《「多分熱中症だし東京湾が汚いからとは限らない」みたいな擁護がわいてたけど、熱中症になる可能性が高いのわかっててやらせてるのがそもそもダメだし、東京湾もどのみち最初から選択肢としてダメなんだよ……》 《トライアスロンの嘔吐。水質によるものか、猛暑によるものか知らんけど、どちらにしても選手虐待》 《トライアスロン後の嘔吐は汚水のせいじゃなくて熱中症かも!て言ってる人間おるが、どっちにしろ日本と東京に責任あるだろ スポーツに適した環境です!て招致したのに熱中症患者続出じゃ庇えないわよ》 《トライアスロンくらい過酷で炎天下だとそりゃ嘔吐もするよなと思いつつも、映像の水質で泳いでくださいと言われたら秒で断ります》

猛暑の東京湾。日本の「おもてなし」を選手らはどう感じただろうか?