モスグリーンの厚手のコートを羽織り、長い黒髪をポニーテールにした小室眞子さんをニューヨークのタイムズスクエア付近で目撃したのは現地時間の11月24日16時過ぎだった。

小室圭さんとアメリカでの新婚生活を始めてから10日ほど。まだ街には不慣れな様子で、手にしたスマホの地図アプリで道順を確認しながら歩いていた。

「イギリスの大衆紙『デイリー・メール』も電子版で眞子さんの1人での外出を報じています。11月19日に日用雑貨などを扱うチェーン店で、バスタオルや50本入りのハンガーなどを買っていたそうですが、帰り道で迷い、何度か通行人に道を尋ねていたそうです」(皇室担当記者)

本誌が目撃した日、眞子さんが入っていったのは、ミッドタウン地区にあるビル。このビルには小室さんがロークラーク(法務助手)として働いている法律事務所のオフィスも入っている。眞子さんは一度ビルを通り過ぎてしまっていた。初めての“夫の職場訪問”だったようだ。

再びビルから姿を現したときには、小室さんと2人になっており、人ごみのなかを楽しそうに歩いていった。小室さんはスーツ姿、眞子さんも『デイリー・メール』で報じられたときより、ややフォーマルな印象を受けた。ディナーをゆっくり楽しんだのか、2人が自宅マンションに帰宅したのは深夜のことだった――。

小室夫妻が新居に選んだのは、ヘルズキッチン地区にあるマンション。NY在住の日本人ジャーナリストが夫妻の新生活について解説してくれた。

「マンションは川側の部屋であればハドソン川を一望できます。最新のマシンを備えたフィットネスセンターや、屋上スカイデッキなどもあります。夫妻が住んでいるのは1ベッドルーム+1バスルームというタイプで、日本でいえば1LDK。

地価が並外れて高いマンハッタン島の中心部にありますから、いちばん家賃が安い部屋を選んでも、50平米ほどで月40万円ぐらいですね」

デートの際には1万円のアウターを着ていたという眞子さん。夫妻は外出の際にも、日本とは異なりタクシーは使わず、もっぱら徒歩だが、特に“倹約”に熱心というわけでもないようだ。

「マンハッタンに十数店舗あるチェーンのスーパーに夫妻が入っていくのを見ました。価格は総じて高いのですが、高級スーパーというわけでもありません。たとえば、ほかの店なら4ドルで買える品物が6ドルで売っているという感じです。

値段に頓着しない高所得者層を狙った店ですので、地元の人間もあまり利用していません。NYに来たばかりで、あまり物価などもわからないのかもしれませんが……」(現地在住の日本人)



■警備は要請せず。安全より自由を選んだ小室夫妻

『デイリー・メール』でも驚きをまじえて報じられていたのは、小室夫妻の外出にSPがついていなかったこと。前出の日本人ジャーナリストが続ける。

「私も確認したのですが、自宅マンション付近も、特にNY市警が重点的に巡回している様子はありませんでした。在ニューヨーク日本国総領事館には、皇族のご訪問があるときの担当者もいます。その担当者らが小室夫妻のこともフォローしていくことになります。夫妻の渡航の数カ月前から、セキュリティのチェックや安全なレストランやスーパー、美容院などのリスト化などを行っていたと聞いています。

それにもかかわらず、小室夫妻に特別な警備が敷かれていないのは、夫妻からの要請がないからということになります。夫妻はあくまでも誰の目も気にすることもない、“自由な生活”を選択したのです」

結婚前は“法律事務所の仕事は激務であり、小室さんと眞子さんはすれ違いの日々が続くのではないか”という意見もあった。しかし小室さんは、毎日出勤しているわけではないという。

「『デイリー・メール』によれば、眞子さんが1人で買い物に行ったのは平日ですが、小室さんは自宅で彼女を出迎えています。おそらく出勤する日と、テレワークの日が半々ぐらいなのではないでしょうか」(前出・日本人ジャーナリスト)

NY州弁護士のリッキー徳永さんはこう語る。

「法務助手としては、おもに判例のリサーチや文書の作成など、弁護士の資格がなくてもできる業務に携わっていると思われます。それらの業務ならテレワークでも可能でしょう」



■5日間で夫婦デートは少なくとも3回

本誌が目撃した24日にも、小室さんは法律事務所を16時半ごろには退所して、眞子さんとのデートに出かけていた。心配されていた小室夫妻の“すれ違い”は避けられそうだが、いっぽうでNY在住の日本人たちからは小室さんの試験勉強について危惧する声も上がっているという。邦字新聞に勤めている記者は次のように語る。

「『デイリー・メール』は11月20日に小室さんと眞子さんが公園に出かける様子も報じていますし、ほかにも夫妻の目撃談は耳にしています。NYになじもうとしてくれているのは、地元の人間としてもうれしいことではあります。しかし法曹関係者などからも、“小室さんは、いったいいつ試験勉強をしているのだろうか?”という声が上がっているのです。

確かに私の知人も司法試験に臨みましたが、数カ月前からは外出も控えて、必死に試験勉強をしていました。小室さんは2月に司法試験に再チャレンジするそうですが、緊迫感は伝わってきません。弁護士になることを放棄してしまったのでしょうか……」

実は『デイリー・メール』が報じた公園デートをした20日の夜も、夫妻が自宅からディナーに出かける姿を本誌は目撃している。20日から24日までの5日間で、少なくとも3回は夫婦でゆっくり外出していたことになる。

新婚でもあり、妻との時間を大切にする小室さんの姿は、本来は称賛すべきもののはずだが……。

「法律事務所は、小室さんが弁護士になれるという前提で採用したでしょう。2回目の司法試験も不合格だった場合、かなり厳しい立場に置かれてしまうと思います」(前出・リッキー徳永さん)

それにもかかわらず、なぜ小室さんは“お気楽”に見える日々を送っているのだろうか。前出の邦字新聞記者は首をひねる。

「小室さんは2度目の試験に合格するという強い自信を持っているのでしょうか。それとも、眞子さんはすでにメトロポリタン美術館に内定しているという情報も流れていますが、その収入を見込んでいるのか。もしくは、法律事務所とはある程度の長期雇用契約を結んでいて、その期間中に有力日系人などの伝手を頼って、新たな仕事を探すつもりなのか……。謎が残りますね」

眞子さんがNYで見せている明るい笑顔が消えることがないよう祈りたい――。