9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「超RIZIN」での“花束投げ捨て”が大きな批判を浴びている「ごぼうの党」代表・奥野卓志氏(48)。

奥野氏は、この日開かれていたフロイド・メイウェザー選手(45)と朝倉未来選手(30)のエキシビジョンマッチで、勝者のメイウェザー選手に贈呈するはずの花束をリング上に投げ捨てたことに対して猛批判が集まっていた。

翌26日には「東スポWeb」の直撃に応じ、「対戦相手へのリスペクトがない。ずっとメイウェザーには良い印象がなく、5億とか10億払って、将来ある日本の選手がダシに使われているような気がしていて、疑問を感じていた」「非礼には非礼、無礼には無礼でやっただけ」などと説明したのだ。

「この記事を受けてSNS上には《公私混同はよくない。ただの言い訳にしか聞こえない》《どんな理由があろうとあの場でやるべきではないしそのやり方も大人としてどうなのか》などと、奥野氏の“説明”に対しても批判が上がりました。

この“花束投げ捨て”には、直後にきゃりーぱみゅぱみゅさん(29)も《胸糞悪かったですね》とツイートしたほか、ナイツの塙宣之さん(44)も、『日本の恥だな』とラジオで発言。RIZINの榊原信行CEOも即座に奥野氏の行動について謝罪する事態となりました」(スポーツ紙記者)

そんな奥野氏だが、9月28日に「日刊ゲンダイDIGITAL」にも登場。先日の直撃と同様の主張を繰り返した。

「奥野氏は『東スポWeb』に語った主張を繰り返すばかりでした。『僕が花束贈呈をやるとわかったら“記者会見でごぼうの党の宣伝をしてやるから1000万円払え”とも。もうとにかくお金の話ばかり。これが偉大なチャンピオンなのか? と』と、メイウェザー選手の“拝金”ぶりを批判し、『榊原氏には品性下劣と言われましたけど、一体どっちが下劣なのかと言いたい』などと、RIZINの榊原CEOに対しても批判の矛先を向けました。

一方で、『試合よりも“炎上”してしまったことについては率直に申し訳ない』と選手に向けた謝罪もありました。また、『真意を伝える機会を近いうちに設けますので』と、今後さらに説明していく姿勢を示しました」(前出・スポーツ紙記者)

しかし、奥野氏が“説明”すればするほど、花束を投げ捨てたことに対する批判のトーンは強くなっているようだ。SNS上には、さらに強い言葉で奥野氏を非難する声が広がっている。

《金さえ払えば好き勝手しても許されると思ってるのか?》 《日本人全員が怒りに震えた》 《試合に水を差す最悪な愚行》 《日本の名誉とリングを汚した点については、けじめをつけるべき》

奥野氏が“真意”をさらに語らない限り、燃え盛る批判の声が鎮まることはなさそうだーー。