10月2日、学校教材や知育商品を製造・販売する株式会社アーテックが、SNSで不適切な投稿をしたとして、同社公式サイトで謝罪した。

アーテックは、公式X(旧Twitter)でVTuberのしぐれういの楽曲『粛聖!! ロリ神レクイエム☆/しぐれうい(9さい)』のミュージックビデオ内で登場する防犯ブザーについて《あれ、、この黄色くて 水色のストラップの防犯ブザーは……!!#しぐれうい #粛清ロリ神レクイエム》と、自社製品がモデルになっていると捉えられる投稿をしていた。また、アーテックの公式YouTubeチャンネルも「防犯ブザーレモンIIがレクイエムに・・・ #粛聖ロリ神レクイエム #しぐれうい #粛清ロリ神レクイエム」と題した動画をアップしていた。

これらの投稿で言及された楽曲は、ロリータ・コンプレックスをテーマにしたものだった。子どもを犯罪から守るための商品である防犯ブザーを取り扱う会社が、公式のSNSでこの楽曲について肯定的とも取れる形で言及することに対し、“不適切である”との批判が殺到していた。

《なんで子ども達が防犯ブザーを携帯するようになったか、すらアーテックのSNS担当者は考えられなかったんだな》 《アーテック公式さん、悪ふざけが過ぎたなら早いとこ修正したほうが良いです…。子ども用品全般を扱う企業のポストとしてはあり得ないし全保護者を敵に回すことになりかねない》

このようなSNS上の反応を受けアーテックは10月2日に、問題の投稿を削除。公式サイト上で《このたび、2023年9月29日の弊社YoutubeアカウントおよびX(旧Twitter)アカウントに不適切な投稿がございました。当該投稿はすでに削除しておりますが、投稿をご覧になった皆様、そして弊社製品をご愛顧くださる皆様に、大変ご不快な思いをおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます》と謝罪した。

さらに、《弊社といたしましても、この投稿が著しく配慮と自覚を欠く極めて不適切な行為であり、また子どもと教育に関わる企業としてあってはならない内容であったと認識しております》と、事態を深刻に受け止めたことを明かした。また、《このような事態を二度と起こさぬよう、再発防止に向け公式ウェブサイト・公式SNS等での対外発信に関する運用体制の強化ならびに従業員への指導、教育の徹底を行い、今後は細心の注意を払ってアカウントの運営を行ってまいります》と今後の対策についても、厳しく取り組んでいくという。