「昨年19年で《勤続20年》になりました。選手時代は《人事局所属》でしたが、競技に専念させてもらっている恵まれた環境でした。13年3月に引退発表し、4月1日から会社の業務が100%という勤務体系で働き始めたんです。競技しかやってこなかった自分が、イチ社会人として働いていけるのかな、という不安が大きくありました」

'98年に長野オリンピック・女子モーグルで金メダル獲得、'02年ソルトレークでも銅メダルを獲得した里谷多英さん(44)。輝かしい成績を収めてきた第一人者だが、現役時代の途中からフジテレビ社員としてのキャリアもスタートしている。大学卒業後の'99年入社だ。

そして、選手引退した'13年4月から、他の社員と同じようにフルタイムで事業に専念するための“新人研修”を36歳でスタートしている。

「自分からの配属の希望などなく、とにかく《会社にフルタイムで通って働きたい》という思いで人事の配属にお任せしようと。新人研修は、その年の新入社員と一緒にやりました。バイト経験さえそれまで皆無でしたので、知らないことばかりで恥ずかしかったですね。周りを見渡しても、なかなか36歳で新人っていないじゃないですか。大変なことだと思ったんですが、実際わからないことだらけ……」

そんななか、選手時代に培ったメンタル・タフネスがはやくも発揮される。

「電車通勤さえ、なかなか慣れませんでしたよ。オフィスでは、わからないことをノートに書き留めていたのですが、あるときコピー機の上に忘れてしまって、それがいつのまにか、机の上に届けられていた。ほかの人からしたら聞かなくてもわかるようなことを書き連ねていたからか、『これは、里谷のだ!』とすぐバレていたのでしょうね。

でも当時の私は、言われる用語がほとんどわからない。たとえば《ゲネ》ってなんだ? みたいな。《ゲネプロ》っていわれてもわかんないし《リハーサルのことだ》と言われて、ようやくわかるレベルですから。いまはネットもスマホもあるので、こっそり調べることもアリですけどね……」

里谷さんは、そのころ“新入社員”のつもりで心がけたことがあると振り返る。

「年下の社員にも敬語で《さん》付けで呼びました。たぶん周囲には、逆に『距離を置かれている』と思われていたと思います。もしくは、『変わった暗い女』だと思われていたかも(笑)。現役時代、オリンピック前には《入賞できなかった》夢を見たんですが、今度は、翌日の会議で話す場面の夢を見るようになりました。そういう緊張感が、最初は続いていましたね」

'14年6月からイベント営業の担当となり、現在の肩書きは「イベント事業センター・販売企画部・プロデューサー」だ。

「業務内容は、協賛をいただくクライアントに出向いてのお打ち合わせや、イベントのプレゼン、チケットの販売など、多様です」

いままで手掛けた大規模のイベントはというと……。

「'16年から毎年開催している『アンチエイジングフェア』というイベントでは、30社くらいのスポンサーさんを募り、企業さんの福利厚生に利用していただいたりもしています。もちろん、新規営業もしますよ。クライアント経由も含めて、いろんなつながりができ、いろんな経営者さんとの輪も広がるんです」

いま、テレワークの導入が全国的に急ピッチで進められている。世の中はますますオンライン化の方向に進むことは間違いないが……。

「自分が『古いなぁ』と思う部分もありますので、自分より若い人に、仕事でわからないことを聞いたりしています。聞くことは恥ではないんですね。それから、スキーが好きな人を紹介してもらったり、あいさつにうかがって名前を覚えてもらったり、そのあたりはフツーの営業さんとなんら変わりなくしています」

初対面の人などは、里谷さんを「金メダリスト」と知らないことも多くなってきたのだという。

「ええ、いまは、私のことを『金メダリスト』とご存じの方のほうが少なかったりします。お仕事の相手は20代前半の場合も増えてきましたからね。『里谷さんって、スキーがお好きなんですか?』とかね(笑)。そんな会話から、コミュニケーションができていきます。だから、『競技をしてきてよかったな』と思うのは、『金メダリスト』とわかってもらったときなどではなく、どなたにも積極的にお会いしに行けることと、堂々と商談を進められること。それは、選手時代の大舞台の経験が生きているんだと思います」

では、仕事でうまく行かなかったときの対処法は?

「仕事で失敗したときは、やはりショックです。でも仕方ないことなので、パーッと笑って過ごすようにしていますね。そこまで気にしない性格というか、とにかく切り替えを早くしてしまうんです。結局、クヨクヨしていても、結果は変わらないんですから。『次のことを頑張ろう!』って。

でも、けっこう人見知りで、元スキー選手をはじめ、すごく親しいコたちとは会いますが、新規の『アスリート会』なんかには積極的には出席してなくて(笑)……営業職ですから、いまはなるべく『参加しなきゃ』って心がけています」

東京オリンピックが延期となり、アスリートたちはそれぞれ目標設定し直して、リスタートを切ることになる。「コロナとの共存」を覚悟のうえで、日常を取り戻そうとしている私たちも、大きな不安は拭い去れない。最後に、自身の半生を踏まえたうえで、里谷さんがこんなメッセージをくれた。

「選手時代の私は、試合で滑り終わってVTRで確認したとき、『ああ、この一瞬の、このミスさえなければよかったのになあ』という後悔がありました。同じ失敗を二度としないようにと、次の試合に向けて克服する努力をしてきました。そうして1日1日を大切に過ごしてきた選手時代だったんです。いま、このような状況下では、いえむしろ、いまだからこそ『後悔のない毎日を過ごす』心がけが大事かなと思う。

とはいえ、いいことばかり言ってもいられませんよね。やっぱり“後悔”ってどこかでするものです。試合でダメだったとき、仕事でミスしたとき……落ち込んでしまう辛い時期が、何度かありました。でもその都度、思っていたのは、『これまでも乗り越えてきたんだから、なんとかなるさ』ということ。本当に『生きているといろんなことがあるんだな』と私も感じています。みなさんも、『なんとかなるさ』と前を向く気持ちを大事にしてほしいですね」

この「後悔しないために、一日一日を大切に過ごす」姿勢と、たとえ後悔しても「なんとかなるさ」というおおらかな心構え。かつて競技で世界を制し、現在はビジネスパーソンとして活躍する里谷さんならではの考え方ではないだろうか。

(取材・文:鈴木利宗)