《これからは夫婦共々応援していただけると最高に嬉しいぜ》

1月26日、Instagramでこう結婚を発表したのはラグビー日本代表の稲垣啓太選手(31)。お相手は’12年のミス日本グランプリに輝き、現在はパリ・コレクションなど国際的なモデルとして活躍する新井貴子さん(31)だ。

稲垣選手は冒頭のコメントに続けて、《夫となった稲垣は妻を守りながらも闘いに行きますので、今シーズン更に気合い入れた応援を皆是非宜しくお願い致します》と呼びかけている。

一方で貴子さんの父は、実は南海ホークスや近鉄バファローズで活躍した元プロ野球選手の新井宏昌氏(69)。コーチとしても“イチローの師匠”として広く知られている人物で、貴子さんは三女にあたる。

スポニチアネックスによれば、新井氏が稲垣選手と初めて会ったのは昨年12月。「二人とも、結婚してもこれまでと変わらず支え合って、目指しているものに全力で向かっていって欲しい」と、娘夫妻を祝福するコメントを寄せたという。

稲垣選手の結婚報告に、ネット上では《おめでとうございます!!》《末永くお幸せに!》など祝福の声が相次いでいる。その一方で、《元プロ野球選手の娘さんと縁がある人ですね》《こちらも父上は元野球選手なんだ》といった声も散見されているのだ。一体どういうことか。

「稲垣選手が’19年11月に熱愛が報じられた相手は、元AKB48の倉持明日香さん(32)。倉持さんの父は元プロ野球選手の倉持明氏(69)で、彼女もプロ野球に造詣が深い。また、稲垣選手も小・中学生時代は野球に熱中し、スポーツ選手としての心構えを身につけたといいます。

そんな2人の共通点は話題になりましたが、倉持さんとはいつの間にか破局。昨年6月には貴子さんとのツーショットが一部週刊誌で報じられました。稲垣選手の恋の相手が続けて“元プロ野球選手の父を持つ女性”ということで、野球ファンからも注目を集めることになってしまったようです」(スポーツ紙記者)

“笑わない男”の異名を持つ稲垣選手だが、結婚報告をしたInstagramでは満面の笑みで貴子さんとの2ショットを披露している。新たな門出を迎え、さらなる活躍ぶりを見せてくれることだろう。