11月27日に行われた「FIFA W杯カタール大会」1次リーグE組第2戦で、コスタリカに敗れた日本。この敗戦によって決勝トーナメント進出へのハードルが上がるなか、SNSでは失点を招いたとされるキャプテンの吉田麻也選手(34)に対して辛らつな言葉が相次いで綴られる事態となっている。

吉田選手は0-0で迎えた後半36分、伊藤洋輝選手(23)のクリアを右足アウトで前線にフィード。しかし、自陣エリア前にいた守田英正選手(27)へのパスが高く上がりすぎてしまい、一瞬の隙を見逃さなかった相手にボールを奪われてしまう。

その結果、失点を許してしまい、この1点が決勝点となりそのまま敗れた。

痛恨のクリアミスを繰り出してしまった吉田選手。試合後の会見では「何もつかみ取ってないし、何も失っていない。次に向けてやるしかない」といい、「たくさんの批判が起こることは理解してますけど、個人的にもチームとしても日本代表としてもこういう大きな大会、注目される大会で批判はつきものだし、そういうことをマネージできなければ、ここには立てないと思っている」と語った。

グループEの中で唯一FIFAランキングが日本より下のコスタリカに喫した手痛い敗戦。さらに23日に行われたドイツ戦で逆転勝利し、決勝トーナメント進出も見えてきた矢先の出来事だけに、Twitterでは「戦犯探し」「吉田のクリア」がトレンド入りする事態に。

さらに、吉田選手のInstagramの最新の投稿には、コメント欄にこんな声まで寄せられている――。

《あーあ、まーーーたお前のせいで負けたよ》 《適当にやって、やる気無いなら試合に出るな 戦犯やな》 《今すぐ荷物まとめてコスタリカに帰ってください》

しかし、こうした心ない声があるいっぽう、《吉田麻也がんばれこっからや!》《切り替えてスペイン戦戦いましょう!がんばれ!》《次はまじで声掛けあって強敵スペイン倒して欲しいです!日本のキャプテン頑張れ!!》といった吉田選手を激励するコメントも続々と寄せられている。

12月2日、強豪スペインとの試合を行う日本代表。応援の声を糧に、名誉挽回する吉田選手のプレーが見たい。