その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【子どもの「勘のよさ」がすごすぎて、たまにちょっと怖いです……】

この間、友達の家に遊びに行きました。その日は、別の友達も、2歳の娘さんを連れて来ていたんですが、その子がすごく人懐っこくて愛嬌のある子で。「探検だ!」なんてはしゃぎながら、家の中を歩き回るんです。

そのかわいさにメロメロになってしまった僕も、探検に参加させてもらいました。その子は、「ここは何だ〜?」と、すべての部屋をあちこち見て回るんです。でも、2階の奥の部屋のドアを開けた瞬間、「ここはやめとく」と言って、すぐに閉めてしまいました。

しかも、ついさっきまで楽しそうにしていたのに、急に暗い表情になってしまって。何か怖いものでも見たのかと、僕1人で先ほどの部屋に引き返してのぞいてみたんですが、とくに変わった様子はありませんでした。

でも、ちょっと気になったので、さりげなく家主の友達に聞いてみたんです。すると、彼の顔が急に青ざめてしまって。なんでも、以前一緒に暮らしていた元カノが、その部屋で何度も自殺未遂をはかっていたそうです。

あの子には、そういう「嫌な感じ」がわかっちゃったのかもしれませんね。子どもの勘のよさって、すごすぎてちょっと怖いです……。

【PROFILE】 シークエンスはやとも 1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

「女性自身」2021年5月25日号 掲載