20〜39歳のがん、約8割が女性―国立がん研究センター・国立成育医療研究センター

 国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは10月18日、2016〜17年の院内がん登録のデータを集計し、小児がん、若年成人(AYA世代)に特化した報告書を公表した。20歳以上のがんは女性に多く、20〜39歳のがんでは約8割を女性が占めていることが明らかになった。

 対象病院は、全国のがん診療連携拠点病院等をはじめとする844のがん専門施設。16〜17年に初回治療を開始したがん症例のうち40歳未満(小児、AYA世代に該当)を対象に集計した。解析の対象となったのは、小児がん4513例、AYA世代のがん5万7788例。AYA世代の集計はこれまで、20歳を区切りとして「未成年」「成人」と分類していたが、今回初めて0〜14歳を小児、15〜39歳をAYA世代と区別したという。

 報告書ではAYA世代のがんについて「20歳以上のがん症例の約80%は女性で、年齢に従って増加していくことが分かった」と指摘。25歳を過ぎると飛躍的に増加し、30代での発症は40歳未満のがん全体の約70%、AYA世代に限ると約75%を占めていたことを明らかにした。報告書は、25歳以降のがんの急激な増加について「子宮頸癌と乳癌の増加によるものと考えられる」としている。


関連記事

おすすめ情報

Web医事新報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る