中村児太郎、市川九團次、大谷廣松らの若手俳優が出演する市川海老蔵企画公演「いぶき、」が、6月17日から20日まで京都・南座で行われる。タイトルの「いぶき、」は、若い芽が出て成長して次につながり、一本立ちできるような、大きな木になることを祈って、市川海老蔵が決めた。そのなかで中心となっているのが中村児太郎。今回挑むのは『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』のお三輪。初役にかける意気込みを聞いた。

中村児太郎(提供:松竹)

「これまで、『この役をやりたいと』と嘆願したことはあまりないのですが、どうしてもやりたいと言ったのが『壇ノ浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋(あこや)』と、このお三輪だけです。『妹背山婦女庭訓』というお芝居がものすごく好きで、小学校2年生の時に『吉野川』という作品を見て、『なんて素晴らしい歌舞伎があるんだろう』と思って。女方を志すうえで、このお三輪というのは、どうしてもやっておかなければいけないお役かなと思います」

 公演のきっかけは、3月の巡業中。海老蔵に直接、思いを伝えた。

「海老蔵のお兄さまとお話しする時間がたくさんあって、『公演をさせていただきたい』というお話をして了承していただきました。コロナの感染でやりたいお役ができない、公演に出たくても出られない人もかなり多くいる。その中でどうしたら、若手の歌舞伎俳優が頑張ろう、命をかけてやってみようって思ってくれるかなと思い、お願いしました」

 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言のため、昨年春から夏にかけて歌舞伎公演もすべて止まった。

「毎月公演に出ていて、ひと月乗り越えるのがやっとだったのですが、半年休みになって、楽器を改めてお稽古をし直すとか、昔の映像・音源を聴き直すとか、体のメンテナンスをするとか、いろいろと考えさせていただく機会になりました。多くの方が苦しい瀬戸際で頑張っているなかで、どうやったら自分は『頑張ろう』という思いを持てるかな、と考えました」

 宣言明けの8月、久しぶりに舞台に上がった時は、これまでにないほど緊張したという。

「久しぶりの初日は……本当に緊張しました。半年空くと、声も体も心配だし、大丈夫かなって。無事に全公演が終わって、とにかく、(関係者が誰もコロナに)ならなかったことにホっとしました」

 とはいえ、新型コロナウイルスとの闘いは続く。6月も公演で滞在中の京都市内のホテルと劇場の往復以外は外出せず、部屋にいるときは、ほぼ自主稽古にあてている。

「午後4時にホテルに戻って翌朝3時頃までずっと(『妹背山婦女庭訓』の映像を)見ていました。諸先輩の映像を見たり、文楽のCDを聞いたり、なんでこうなんだろうな?というところを読み直していく。コロナ禍の中でこうやって公演をさせていただけることは当たり前じゃないと見つめなおすことができる機会になったので、ビデオを見て稽古を重ねています」

 そう熱く語る児太郎は、坂東玉三郎からの言葉を胸に、稽古への思いを明かす。

「うまくなるためとか、いい芝居やりたい、この人になりたい、と思っても、その人が一歩、1時間でも努力したらさらにうまくなる。その人よりうまくなろうと思ったら、その倍・倍・倍とやってかないと。どれだけ稽古しても足りないと思います。(坂東)玉三郎のおじさまに言われたのは 『舞台に出る前は頑張るぞ、いいものを見せるぞと思っていいけれど、幕が閉まった瞬間に自分は最もダメな役者だと思いなさい。そうすると、うぬぼれたときには見えないものが見え、意見されても冷静になれる。自分を絶対過大評価しないように』と言われて。それ以降は稽古をしていたほうが落ち着きます」

 全身全霊で役に挑む児太郎。そのうえで、芝居にかける決意を語った。

「今までも熱量はすごく高かったと思うのですが、一つの作品、一つの役にフォーカスする時間がものすごく増えたので、これまで以上に高いかもしれないですね。こういう状況のなかで観に来てくださったお客様が『来てよかった』『また見たいな』と感じていただけるように、『この熱があふれすぎて熱いよ』と思っていただけるくらい、盛り立てていかなければと思っています。芸は未熟かもしれないですが、若さという熱量は、今だからこそ出せます。劇場側もこれ以上やりようがないというくらい、感染予防の対応をしてくれています。命をかけて、全身全霊でぶつけて参りますので、ぜひ足を運んでいただけたらと思います」

◆市川海老蔵企画公演「いぶき、」
2021年6月17日(木)〜20日(日)
昼の部 12:00開演 / 夜の部 16:00開演
※17日(木)は昼の部のみ1回公演
会場 京都・南座