『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのタイムトラベル映画に影響を与えた1956年のアメリカ小説を、世界で初めて映画化する『夏への扉 −キミのいる未来へ−』(主演:山﨑賢人) が、6月25日(金)、OSシネマズミント神戸、TOHOシネマズ梅田など全国東宝系で公開。SF愛やバック・トゥ・ザ・フューチャーへのリスペクトがこもった作品です。

「夏への扉」はアメリカのSF小説家・ロバート・A・ハインラインが1956年に書きました。タイムトラベル小説の名作として『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など多くのハリウッド映画に大きな影響を与えたといわれます。この小説を全世界で初めて映画化するのが『夏への扉 −キミのいる未来へ−』です。

「夏への扉」(著:ロバート・A. ハインライン、訳:福島正実/早川書房)

 小川真司プロデューサーは「時間旅行ものというジャンルを確立させた本作は、後の作品に大きな影響を与えた古典中の古典と言える」と語っています。もともとタイムトラベルものが好きで、SFを映画化するなら「夏への扉」しかないというほど思い入れが強かったそうです。

 映画『夏への扉 −キミのいる未来へ−』では日本を舞台とするストーリーに再構築し、罠にはめられすべてを失った科学者が未来を変えようとする姿を描きます。

 将来を期待される科学者・高倉宗一郎(山﨑賢人)は研究の完成を目前に控えながら、共同経営者と婚約者に裏切られ、冷凍睡眠させられてしまいます。目が覚めると、そこは30年後の2025年でした。

 研究も財産も失った宗一郎。人間にそっくりなロボットの力を借り、30年間の出来事を調べ始めると、ある物理学者にたどり着きます。

 変わってしまった運命を取り返すため、宗一郎は1995年へ時間をさかのぼる決意をします……。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』よりも先の未来を描く映画ですが、宗一郎が長い眠りにつくコールドスリープマシンや時をさかのぼるタイムマシンなど、登場するアイテムのいくつかが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をオマージュするレトロなイメージでデザインされています。

Andrey Moisseyev/(C)123RF

 とくに宗一郎が、物理学者(田口トモロヲ)が開発したタイムマシンに乗る場面は、マーフィーとドクのやり取りを思い出させます。過去に向かって時間を移動するシーンは、西暦を示すデジタル数字がくるくると変わる表現を使っていて、デロリアンのダッシュボードを喚起します。

 1974年生まれの三木孝浩監督は自らを“バック・トゥ・ザ・フューチャー世代”として、「80年代のハリウッドのエンターテインメントムービーの魅力が詰まった小説に思え、当時映画館でワクワクしていた自分を思い出した」と原作を最初に読んだ印象を語っています。「幼き頃に観て心躍らせた80年代ハリウッドSF映画は、まさにこの原作のような荒唐無稽だけどどこかファニーでドキドキするアトラクションのような作品ばかりでした」(三木監督)。

 さらに、スクリーンに出てくる機械をノスタルジックな感じに仕上げた理由について「ギミックやCGにこだわりすぎない方がいいと思ったんです。多くの人が見やすいものを目指しました」と明かしました。

 主演の山﨑もまた、もともとSF好きだということで“愛おしくてワクワクするような映画”と、SF小説の名作をもとにした作品に出演する喜びを語っています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』好きなら、SF愛にあふれる『夏への扉 −キミのいる未来へ−』を観てみたい。そのあと原作の「夏への扉」を読んでみたい。(SJ)

サブ3

◇映画『夏への扉 −キミのいる未来へ−』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
山﨑賢人
清原果耶 夏菜 眞島秀和 浜野謙太
田口トモロヲ 高梨臨 原田泰造
藤木直人

監督:三木孝浩

脚本:菅野友恵
音楽:林ゆうき
主題歌:LiSA「サプライズ」(SACRA MUSIC)
原作:「夏への扉」ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳)(ハヤカワ文庫刊)

配給:東宝 アニプレックス

(C)2021 映画「夏への扉」製作委員会