明石家さんまが企画・プロデュースし、かつての伴侶である大竹しのぶをはじめ、Cocomi、花江夏樹、マツコ・デラックスら個性的なキャスト陣がそろった劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』が、6月11日から全国ロードショー。今作の魅力を、映画をこよなく愛するラジオパーソナリティー・増井孝子さんが解説します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 映画を観に行くとき、何を基準に観る映画を決めるかは、人それぞれだろう。お気に入りのスターの出ている作品だから、監督が好きだから、興味のあるテーマだから、ちょうど時間的にピッタリだったから、話題になっている作品だから。話題の作品は観ていないと、会話に入っていけなくてつまらないから……というのは、最近減ってきたように思う。

 そもそも映画を観て、食事したりお酒を飲んだりしながら、思いをぶつけ合うなんてことができなくなって久しい。グループで激論を戦わせるなんて、夢のまた夢だ。観客数にも、上映時間にも制約のある映画館で、一人静かに鑑賞し、おとなしく帰る……。コロナ禍で、映画の楽しみ方が変わった。いや、変えられた?

 それに、ちょっとしたことにも、突っかかっていくようなギスギスした雰囲気の日常。この映画のキャッチコピー「みんな望まれて生まれてきたんやで」に、ネットで賛否両論の嵐が吹き荒れていると聞いて、ちょっとビックリした。

「産んでほしい」と頼んだわけじゃないし、「産みたくて産んだんじゃないんだろ?」って言いたくなってしまうほど、生きることがしんどいと感じる人の気持ちは、その人にとっては当然だ。

 一方で、虐待やネグレクト、DVや家庭崩壊などのニュースや、それを描いた映画などもたくさんあって、現実と虚構の境目があやふやになって、根拠のない被害者意識を持っている人もいる。あるいは、自己肯定感が低く、自分のことを愛せない人も増えてきたのかもしれない。そう、「みんながハッピー」なんかじゃない。それが現実だ……。

 それでも、この世に生を受けたことは素晴らしいし、生きていることはそれだけで喜ぶべきこと、幸せなんだって思わせてくれるのがこの作品。

©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

 なんと言ったって、“生きているだけで丸儲け”が座右の銘だという、あの明石家さんまが企画・プロデュースしているのだから、プラスのオーラにあふれているのだ。

 原作は2015年に『サラバ!』で直木賞に輝いた西加奈子のベストセラー小説。東日本大震災の前、石巻と女川を訪れ、女川の漁港で焼き肉屋をみたことから構想が膨らんで、執筆中に震災が起きたという作品。この小説にほれ込んださんまは、最初ドラマ化を考えたが、構想5年、結局アニメでの映画化となった。

 男にダマされ、お金を貢いでは借金に追われ、恋が終わるごとに各地を放浪し、北の漁港の町に流れ着いた肉子ちゃんは、体型も性格も豪快で、子どもみたいに純粋な38歳。一方、娘のしっかり者で大人びた11歳のキクコは小学5年生。

©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

 漁港にある焼き肉屋“うをがし”で働き、オーナーの持つグラスボートを借りて住んでいるふたり。体型も顔も全く似ていないこの二人、見た目だけじゃなく性格も正反対。父親がいないことも含め、何かいわくのありそうな二人。

 地元の小学校に編入したキクコは、高台の洋館に住むクラスメイトのマリアと仲良くなるが、この年頃の女の子特有のグループでのもめごとに巻き込まれたり、風変わりな少年、二宮のことが妙に気になったり……。

 食べ物が印象的で、焼肉屋でオーナーが焼いてくれるミスジ(肉の部位)、ミートスパゲッティ、肉まん、そして朝食に肉子とキクコがフレンチトーストを一緒に作るシーンは『クレイマークレイマー』のダスティン・ホフマンとジャスティン・ヘンリーを思い出す。そういえば、バスを待つシーンは、まんま『となりのトトロ』だし、名作へのオマージュ、愛がいっぱい詰まっていて、映画ファンにとってはうれしい限り。

©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

 監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』や『海獣の子供』などの渡辺歩。キャラクターデザイン・総作画監督の小西賢一はスタジオジブリの一期生だから、随所にジブリテイストを感じるのも自然な流れなのだろう。アニメーション制作は世界から高い評価を受けるSTUDIO4℃だ。

 声優キャストも豪華で、肉子役は大竹しのぶ。さんまの元妻ということで話題になったが、『借りぐらしのアリエッティ』や『インサイド・ヘッド』など、声優としての実力もばっちり。ただ大阪弁に「???」というところもあるが、それは全国を渡り歩いた肉子の人生を象徴するということなのかも。キクコ役は声優初挑戦のCocomi。あの木村拓哉と工藤静香の長女で、フルート奏者としても活躍中の彼女は、サントラに演奏でも参加している。声優学校で学んだことも活かされていて、決して話題作りのためだけのキャスティングではないことを証明してみせたのはさすが。二宮役には、『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎を演じ、ノリにノッている実力派声優・花江夏樹。

「普通が一番ええのやで」という、とても普通の生き方をしてきたとは思えない能天気な肉子。「迷惑かけたって大丈夫! 他人じゃない、家族と思っているからちゃんと怒る」というまわりの人たちの優しさに包まれて育っていくキクコ。

 笑いとともに、ジーンと北の漁港の温かさが心にしみる作品なのだ。(増井孝子)

※ラジオ関西『ばんばひろふみ!ラジオDEしょー!』、「おたかのシネマdeトーク」より