◆連載「私のプレイリスト3曲」

 元キャンディーズで歌手の伊藤蘭が、ラジオ番組『Playlist of Harborland』(ラジオ関西)にコメントゲストとして登場。昔から好きな曲、最近聴いている曲などから3曲を選ぶコーナー『私のプレイリスト3曲』で、自らの選曲について思いをつづった。

伊藤蘭

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

(1)「夢で逢えたら」 / 吉田美奈子

「吉田美奈子さんは圧倒的な歌唱力で聴くたびに惚れ惚れしてしまうんです。きれいな声の吉田美奈子さんが、ちょっとかわいらしく歌うこの『夢で逢えたら』を聴くたびに、楽しい気持ちになれて大好きな曲です」(伊藤)

(2)「鍵があわない」 / 山本潤子

「ハイ・ファイ・セットで活躍していた時期もあった山本潤子さん。私たちも接点があった時期がありまして、キャンディーズの『春一番』をステージで歌ってくださったりもしました。居住まい、たたずまい、そして声、すべてが大好きで憧れの女性でもあります」(伊藤)

(3)「バンザイ 〜好きでよかった〜」 / ウルフルズ

「3曲目はトータス松本さんのいらっしゃるウルフルズの曲。これはもうこのまんま元気になれる曲ですよね。私のアルバムのファーストとセカンドともトータス松本さんに楽曲を提供していただいております」(伊藤)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 キャンディーズ解散以来、41年ぶりの音楽活動となったソロアルバム『My Bouquet』 (2019年5月発売)に続く、伊藤蘭のセカンドアルバム『Beside you』が発売された。すでにリリース中のソロシングル「恋するリボルバー」、JR西日本CM曲として公開中の「ヴィブラシオン」を含む全10曲を収録。作家陣には、布袋寅泰、トータス松本、森雪之丞、佐藤準、多保孝一らが名を連ね、伊藤蘭自身も前作に続き、2曲の作詞を手掛けている。60sポップス・テイストから、ボサノヴァ、バラード、そしてロックミュージックに至るまで、前作以上に楽曲のヴァリエージョンが多岐に富んだアルバムとなり、ファンがイメージする伊藤蘭を踏襲しながらも、それを覆すようなチャレンジングな楽曲も共存したアルバムとなっている。