最大震度7の揺れを2016年4月14日夜と16日未明に2回観測した熊本地震。その「本震」から5年を迎えた。

 あのとき、被災者の一時避難所として、また復旧活動に向かう自衛隊や警察、工事車両の中継基地として大きな役割を果たしたのが、被災地の「道の駅」だ。いま、国も「道の駅」を防災拠点として位置付ける取り組みに力を入れている。4月22日の「道の駅の日」(一般社団法人全国道の駅連絡会制定)を前に、道の駅「阿蘇」(熊本県阿蘇市)の下城卓也駅長に、大規模災害時に道の駅が果たす役割と課題を聞いた。今回はその【前編】。

 観光客やドライバーの憩いの場である「道の駅」が防災拠点として注目を集めたのは、新潟県中越地震(2004)や東日本大震災(2011)でのこと。幹線道路沿いに広い駐車場を持つことから避難場所として車中避難者を受け入れたほか、支援物資や復旧支援車両、ボランティアの基地にもなった。

 道の駅「阿蘇」は2008年にJR阿蘇駅(豊肥本線)前にオープン。阿蘇山の北側に位置し、雄大な阿蘇五岳を望む。地元阿蘇にこだわった野菜や果物、乳製品など特産品を販売しているほか、阿蘇でサイクリングやトレッキングを楽しむ人たちの拠点としてにぎわっている。

※阿蘇の自然風景
(写真提供:道の駅阿蘇)
※サイクリング写真
(写真提供:道の駅阿蘇)
※店内営業写真
(写真提供:道の駅阿蘇)

 熊本地震では熊本県内の道の駅28駅中6駅が大きな被害を受けた。道の駅「阿蘇」は前震では被害がなかったが、本震の揺れで被害を受けた。

「前震で大きな被害を受けた益城町への支援を準備していたところに本震がきた。釣り看板は落下、棚は倒れ商品は床に散乱、もうめちゃくちゃだった」(下城氏)。

(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)

 停電と断水にも見舞われたため、下城駅長らは道の駅で販売している米、野菜加工品等を近くの避難所に提供した。また地震により通行不可となった道が多くあったことから、阿蘇周辺の道路の通行情報を住民やドライバーから聞き取り、観光マップに落とし込んで、住民や復旧支援に向かうドライバーらに渡していった。

「あの時は道路が壊れすぎて、どこを通っていいか分からなかった。“ここは通れた”、“ここは通れない”というのを集めて、道の駅にあった観光マップに書き込んでいきました。電気がないのでコピーもできず、1枚1枚手書きで。阿蘇と熊本市は離れているが、距離の割に人の行き来が多い。熊本市内の学校に通う子どもはどうしているのか、阿蘇に残る高齢の親は元気か……、安否確認に向かうときに通行マップはかなり喜ばれた。普段から道路の情報に接している道の駅だからこその取り組みだったと思う」(下城氏)

(写真提供:道の駅阿蘇)
(写真提供:道の駅阿蘇)

 下城氏は「手探りでの活動で失敗も多かった」というが、道の駅が災害時に果たせるポテンシャルの大きさに気づかせてくれる。九州・沖縄「道の駅」連絡会も熊本地震の翌月にまとめた報告で、各地の道の駅が果たした役割をまとめている。

・余震が頻繁に続くなかで、駐車場が広く24時間トイレが使えることから車中泊の場所として利用。道の駅「大津」(熊本県菊池郡大津町)の駐車場は地震発生直後、昼夜を問わずほぼ満車

・飲食料品、日用生活用品等を無料配給し、被災者を支援

・道の駅「あそ望の郷くぎの」(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)では、隣接するアウトドアショップより、避難者へのテント、寝袋等の貸し出しが行われ、駐車場が避難場所として活用された(テント設置数は、約30張)

・道の駅「旭志」(熊本県菊池市)では、いち早く施設を再開させることが重要との駅長の考えから、他の施設よりもいち早く道の駅を再開。肉が豊富にあったため、800人分の“焼きだし”を実施

・広い敷地や駐車場を大型車両が少なくない自衛隊や工事車両の基地として利用も。道路が寸断された南阿蘇村では救援物資を運びこむヘリポートとしても利用された

※いずれも「熊本地震で『道の駅』が防災拠点として果たした役割」より(九州沖縄道の駅連絡会、2016年5月)

 一方で、浮かび上がるのがスタッフを支える体制の脆弱さだ。

(後半に続く、4月21日に公開予定)

※ラジオ関西『羽川英樹ハッスル!』2021年4月15日放送分より