鉄アナ・羽川英樹の連載「行ってきました!」。本日2本目の羽川アナリポートでは、神戸ポートピアホテルに突撃! 特別編として、ホテルのテイクアウトサービスにスポットを当てます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 3度にわたる緊急事態宣言発令で、どこのホテルも宿泊・宴会・飲食で苦戦しています。そのなかで、ホテルの人気メニューを家庭や屋外で気軽に楽しめるテイクアウトサービスを始めたのが、神戸・ポートアイランドにある神戸ポートピアホテル。神戸最大の客室数744を誇り、料理にも定評のあるホテルが打ち出したメニューはどれも満足度たっぷりです。

 本館2階にあるオールディズダイニング「SOCO」では、ホテル洋食の人気メニューをアラカルトでテイクアウトできます。一番人気は「ステーキ重セット」(ライス付き1944円 税・サービス料込)。これはサーロインステーキにエビフライ・コロッケ・ペンネ・フリッター・白身魚の南蛮漬けなどがついたデラックスバージョン。

「SOCO」店内(写真提供:神戸ポートピアホテル)
SOCO「ステーキ重」(写真提供:神戸ポートピアホテル)

 ホテル伝統のカレー(1836円)は、フルーティでコクのあるルーが評判。ビーフかシーフード、甘口か辛口を選ぶことができます。シーフードピラフ(1620円)は、魚介類をふんだんに使ったホテルレストランならでは忘れられない味に仕上がっています。

名物料理「シーフードピラフ」(写真提供:神戸ポートピアホテル)

 他にもビーフシチュー・ライス付き(2700円)やハンバーグステーキセット(1944円)もおすすめ。好きなホテルの味を選んでご家庭で楽しんでみてください。(予約は3時間前まで)

 また公園や緑地でのピクニックでという方には「ピクニックボックス」(1セット・2人前 5800円)が用意されています。メインバスケットにはサンドイッチ(ポークカツ・野菜)をはじめ、ローストビーフ、チキンソテー、トマトパスタ、鯛のフリット、スパニッシュオムレツなどもりだくさん。サブバスケットにもニース風サラダ、ほうじ茶マドレーヌ、季節のフルーツなどが盛り付けられ、ボリュームたっぷりなんです。これを持って、ポートアイランドの中央緑地公園やしおさい公園など新緑の自然の中でホテルグルメをぜひお楽しみください。こちらの予約は3日前の午後6時までとなっています。

ピクニックボックス(写真提供:神戸ポートピアホテル)

 そして、うれしいのは今回ご紹介したテイクアウトメニューは、ウェブ予約をすれば、1階正面玄関でドライブスルー渡しが可能となります。ホテルの味を気軽に、車を降りずに受け取って、どうぞ好きな場所で召し上がってみてください。(羽川英樹)

神戸ポートピアホテル(写真提供:神戸ポートピアホテル)