神戸市北区山田町の畑に転落した乗用車のトランクから5日、男性の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、男性の死因は窒息死と判明した。兵庫県警は殺人事件と断定し、捜査を進める。

兵庫県警は殺人事件として捜査を進める
兵庫県警は殺人事件として捜査を進める

 兵庫県警によると、男性は神戸市北区のコンビニエンスストア店長 (62) 。死体遺棄容疑で6日に逮捕された、この店舗のアルバイトの男(27)が、同店に採用されたのは事件の約1週間前で、勤務日数は3日だけだったことも男性の親族への取材でわかった。捜査関係者によると、店の売上金が盗まれるなどの被害の形跡はないという。県警は、男が店舗で働きだした経緯や、2人の間にトラブルがなかったかどうかを調べる。

 車の転落事故は5日夜に発生。車は男性名義の乗用車で、トランクから粘着テープで巻かれた男性の遺体が見つかった。死亡推定時刻は5日夕方とみられる。