地球温暖化対策について、若者の動きが活発化しているという。お天気キャスターとして活躍する気象予報士・防災士の正木明さんは、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で、その様子を紹介した。

※写真はイメージです(Pop Nukoonrat (C)123RF.COM)

 昨年10月26日に、菅義偉首相は新内閣発足後初の所信表明演説の中で、2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロを目指すと表明。そして、今年4月8日、政府は2013年度比で45パーセント削減を軸に月内に新たな目標を示す方針を固めると、22日には総理大臣官邸で開催された地球温暖化対策推進本部の中で、菅首相は、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46パーセント削減することを目指すと発言した。

 ただし、国際的な研究機関「クライメート・アクション・トラッカー」によると、日本に求められている削減幅として、2013年度の温室効果ガス排出量から62パーセント削減することが必要だと結論付けられている。

 この62パーセントという数字に敏感に反応したのが、日本の若者たち。4月9日、地球温暖化対策の強化を求める高校生や大学生らが、学校を休んで政府に求める「学校ストライキ」が東京や仙台などで行われた。また、4月22日の政府の表明後には、Fridays For Future Japanが、「2030年温室効果ガス削減目標『2013年比46パーセント』(改定前26パーセント)は気候変動を解決する政府の責務として不十分な値だ」として、声明を発表している。

 ちなみに、学校を休んで温暖化対策を訴える「学校ストライキ」=「Fridays For Future(未来のための金曜日)」というのは、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンべリさんが最初に始め、その後、全世界に広まった運動だ。

「今の時期、新学期に始まった学校を休んで、ストライキに参加する。これは親御さんとしては賛否両論出てくるものだろう」と、正木さん。「今回参加した学生たちも、勉強や部活、青春をしたいという気持ちはある。また、一人の高校生として学校を休むという選択が100パーセントいいとは言えないという思いもある。学校を休むことには賛否があると思う」と、若者の複雑な胸中もおもんばかった。

 学生の立場としても、「学校を休んでこういう活動をすることがいいかどうか」「削減目標といっしょに議論したい」「学校を休むことに抵抗があったが誰かが動かなきゃと思った」「なんであのとき声を上げなかったかと後悔したくない。僕らの覚悟を知ってほしい」など、様々な声があることも、番組のなかで正木さんを通じて述べられた。

 一方で、アメリカのシンガーソングライターで女優のマイリー・サイラスをはじめ、セレブリティたちがメディアのインタビューなどで、「温暖化対策が進まない限り、子どもを作らない」という趣旨の発言をしていることも取り上げられた。

 サイエンス・メディア・センターが発行する「サイエンス・アラート」では、温暖化対策の最高の手段のひとつとして、子どもを1人減らす、もしくはまったく産まないことがあげられている。

「(温暖化対策のために子どもを産まないということについて)ひとつの考えとして僕は受け入れますが」と前置きした正木さんは、「このテーマ、それから最近の若い人たちの動きについて、もし、みなさんからご意見をたくさんいただけたらそれを取り上げて皆さんとともに議論していきたい」と、思いを吐露していた。

※ラジオ関西『正木明の地球にいいこと』2021年4月26日放送回をもとに、記事を構成したものです。