2013年11月3日、プロ野球・楽天の本拠地で行われた、日本シリーズ第7戦。田中将大投手(当時25)が9回のマウンドへ向かうときには、球場中のファンが『あとひとつ』(FUNKY MONKEY BABYS)を大合唱した。ほかにも、元阪神の藤川球児投手が使用した『every little thing every precious thing』(LINDBERG)など、プロ野球選手が打席あるいはマウンドに向かう時に球場に流れる曲は、選手とファン双方にとってなくてはならないものである。

James Kirkikis (C)123RF.COM

 打者であれば、打席ごとに複数の曲を使用する選手がいる。また、投手であれば打席に向かうとき、マウンドに向かうときなどで異なる曲を使う場合がある。今回は、2021年5月17日時点で、各球団が公式ホームページで公開しているものを集計した(※)。それでは、TOP3から見てみることにしよう。最も多く使われているアーティストは、世界を舞台に活躍する、あのロックバンドだった。

■第3位タイ:BTS(13選手が使用)

 3位には、アジアにとどまらず世界中で高い人気を誇る、韓国の7人組男性アーティスト「BTS(防弾少年団)」がランクイン。世界的な大ヒットとなった『Dynamite』はソフトバンクの武田翔太投手やDeNAの伊藤光捕手ら4選手が使用する。ソフトバンクの栗原陵矢捕手は、2020年の日本シリーズでMVPに輝いた際、お立ち台で「アンパンマン」のモノマネを披露し話題となったが、2021年はBTSの「Anpanman」を使っている。何だか洒落ている。

■第3位タイ:ベリーグッドマン(13選手が使用)

 BTSと並んで13選手が使用するのが、大阪出身の3人組ボーカルユニット「ベリーグッドマン」。メンバーの一人が、高校時代に硬式野球部に所属して甲子園を目指していたことから、その経験を踏まえた楽曲も多い(『ライオン』『ライトスタンド』など)。また、2020年6月には、阪神甲子園球場で初のスタジアムライブを開催した。かつては前田健太投手(元広島、現ツインズ/米・大リーグ)が、自身の生まれ年と同じタイトルの『1988』を登場曲にしていたことでも知られる。

■第2位:AK-69(15選手が使用)

 2位には、日本を代表するヒップホップアーティストである「AK-69」がランクイン。愛知県の出身であり、中日のファンを公言するなど野球界とも関係が深いことで知られている。若手選手を中心に、DeNAの今永昇太投手(『On Fire』)や日本ハムの西川遥輝選手(『I'm the shit』)など球界を代表する選手も使用している。中でも、巨人の坂本勇人が使う『KINGPIN FOR SAKAMOTO』は、AK-69が初めて野球選手のために作った1曲だという。

●第1位:ONE OK ROCK(21選手が使用)

 栄えある1位に輝いたのは、世界を舞台に活躍する4人組バンド「ONE OK ROCK」。阪神の大山悠輔選手や巨人の戸郷翔征投手など4選手が『Wasted Nights』を使用する人気ぶり。ほかにも、『C.h.a.o.s.m.y.t.h.』、『Renegades』、『The Beginning』、『Yes I am』、『キミシダイ列車』など、15の楽曲に幅広い支持が集まった。松坂大輔投手(西武)や金子弌大投手(日本ハム)といったベテラン選手のほか、阪神のジョー・ガンケル投手は『Nobody's Home』を使うなど、世代・国境を越えた人気があるといえるだろう。

■第4位以降には…

 4位以降には、GReeeeN(12選手)や嵐、Mr.Children(いずれも10選手)など、実力派のアーティストが名を連ねた。ランキングにまとめてみた結果、セ・パ両リーグともに「長い間親しまれている定番曲」と、「流行の最前線を行く楽曲」の両方がバランスよく使用されている印象を受けた。

 2021シーズンも新型コロナウイルスの影響で、前年シーズンに引き続いて無観客や、観客の数を制限しての試合開催が続いている。選手に大声で声援を送ったり、応援歌を歌ったりすることはできない。そうしたなかで、打球音や捕球音、選手の息遣いのほか、登場曲がよく聞こえると捉えて楽しむのも良いだろう。

※広島は球団のホームページ上で選手の登場曲を公開していない。取材を申し込んだが、「選手の登場曲については球団から特に公表しておらず、ゲーム毎に代わることも多いため、対応致しかねる」との返答があり、今回は広島を除く11球団の支配下登録選手を調べた。