「まるで宝石のような、ご褒美バター」をコンセプトに、今までにないようなレーズンバターを展開し、注目を集めているのが、神戸発のレーズンバター専門店「Jewelry Box」だ。

◆1,000本以上の試作を重ね、生まれたバター

“宝石のようなレーズンバター”を開発したのは、「Jewelry Box」店主の薮根るり子さんだ。

「商品の着想を得たのは、私が営むお店『憩い処るり』(居酒屋、神戸市兵庫区)で、あるお客様にレーズンバターを提供したことがきっかけでした。そのお客様は、レーズンが嫌いだと言っていましたが『このレーズンバターやったら食べられる!』と喜んでくれたんです」(薮根さん)

 この体験をきっかけに、「もっと多くの人にレーズンバターの魅力を伝えたい!」と考えた薮根さんは、本格的なレーズンバターづくりを開始。販売店舗はなく、工房のみを構え、試作品作りに励んだ。試作品の数は1,000本以上。そして着想を得てから半年後の2021年4月に、ようやく商品化が実現する。

:②

◆まるで色とりどりの宝石!合計11種類のフレーバー

「Jewelry Box」という名前の由来は、その種類の豊富さにある。同店で取り扱うのは「プレミアムバター(全4種類)」と「リッチバターテイスト(全7種)」の2シリーズで、フレーバーはなんと合計11種類。レーズンの他にも、さまざまなドライフルーツが使用されている。さらに、ベースとなるバターには2種類のリキュールをブレンドすることで、深みのある味わいを実現。爽やかな果実感を引き出すため、しぼりたてのフレッシュ果汁も配合されており、フルーツとの相性は抜群だ。

:③

【プレミアムバター】
バターを美味しく食べることを追求したシリーズ。「レーズンが苦手な人でも食べられるように」というこだわりを込めつつ、王道の味わいを楽しめる仕上がりに。しっかりとした濃厚なバター感と、芳醇なフルーツの豊かな風味が魅力だ。このシリーズでは、レーズン・MIXレーズン・フルーツレーズン・MIXベリーの全4種類のフレーバーが用意されている。

【リッチバターテイスト】
プレミアムバターよりもスイーツ感覚を楽しめるのが、こちらのシリーズ。ベースとなるバターにクリームチーズをブレンドし、なめらかな口当たりとマイルドなバター感が特徴だ。さらに、使用するドライフルーツに合わせて「練乳」「はちみつ」「ザラメ」など、異なる甘味を採用。このシリーズでは、MIXレーズン・フルーツレーズン・MIXベリー・蜜りんご・マンゴー・メロン・イチゴの全7種のフレーバーを味わえる。そして、クラウドファンディング限定でキウイのフレーバーも登場。

 薮根さんオススメの食べ方は「まずは冷凍庫から出して、そのままレーズンバターを味わう」とのこと。クラッカーやトーストとも相性が良いが、まずはレーズンバターそのものの風味をじっくり楽しむのが良いだろう。

:④

「Jewelry Box」のレーズンバターは、現在クラウドファンディングサイトのCAMPFIREで先行販売を実施中。好きなフレーバーを1種類選べるコースから、フレーバー全種類を楽しめるコースまで幅広く用意されている。応募期限は6月18日(金)まで。詳細は「Jewelry Box」公式サイトでチェックすることができる。

:①