結婚や子育て、子どもの成長や親の介護など、ライフステージに合わせてより良い環境への住み替えを考える人に向け、神戸市は、新居への住み替えや、住まいの改修に活用できる支援策を6月から拡充させた。

(画像提供:神戸市)

 その1つが、結婚をきっかけに神戸に住み替えたいと考える人など、新婚世帯の夫婦に向けた「新婚生活支援事業」。夫婦ともに39歳以下で今年(2021年1月1日以降)結婚した新婚世帯が、神戸市外から神戸へ、または神戸市内で住み替えをする場合、新居にかかる家賃や購入する住宅の取得費、引っ越し費用などを対象に、最大30万円のサポートが受けられる。

神戸市の新婚生活支援事業(画像提供:神戸市)

 また子どもが生まれて家族構成が変わった、子どもが大きくなってきたなど、子どもの成長に合わせた支援もある。「子育て支援住み替え助成事業」では、小学校に入学する前の子どもがいる世帯が、賃貸住宅へ住み替える場合、家賃や礼金など、新居の住居費に市内での住み替えの場合は一律30万円、市外からの住み替えでは一律40万円の補助が受けられる。

神戸市の「子育て支援住み替え助成事業」(画像提供:神戸市)

 そして住宅の購入や、中古住宅を購入しリノベーションを考える人への支援も豊富だ。「子育て支援住宅取得補助制度」では、中学生以下の子どもがいる、または夫婦ともに39歳以下の世帯が新築住宅を取得したり中古住宅を買ってリノベーションしたりする場合などに、50万円〜120万円の補助制度を用意している(宅地購入型・建替え型、中古住宅取得型などで要件は異なる)。

神戸市の「子育て支援住宅取得補助制度」(画像提供:神戸市)
神戸市の「子育て支援住宅取得補助制度」(画像提供:神戸市)

 神戸市は、親・子・孫3世帯が安心して暮らせる、近居・同居への支援も行っている。「親・子世帯の近居・同居済み替え助成事業」では、小学校に入学する前の子どもがいる世帯(出産予定の子どもを含む)が、親世帯と近居、同居する場合、引っ越し費用に一律10万円の補助。市外からの転入は20万円の補助が受けられる。

神戸市の「親・子世帯の近居・同居済み替え助成事業」(画像提供:神戸市)

 引っ越し費用の他に、老後を見据えた手すりの設置などのバリアフリー改修を行う際の支援策もある。「バリアフリー住宅改修補助事業」では、65歳以上の高齢者がいる世帯に、最大12万円の補助。また「家具の固定促進補助事業」として、65歳以上、障がいのある方、小学生以下の子どもがいる世帯で、家具を固定する場合の費用に最大1万円の補助がある。

 神戸市の住み替え支援制度は2016(平成28)年から実施。これまで様々な条件が変わってきたが、今年6月から現在の制度に拡充したところ、新婚夫婦や小さな子連れの家族からの問い合わせや相談が相次いでおり、担当者も手ごたえを感じている。

 神戸市建築住宅局政策課の松添高次さんは「普段は静かな窓口に、新婚夫婦や小さな子ども連れの家族が相談に来て、にぎやか。神戸市は東遊園地の“こども本の森 神戸”や、三ノ宮・ウォーターフロントの再開発が進むなど、町の整備も進んでいるなか、自然にも囲まれ、農村や里山でのスローライフなど、自分らしい
暮らしを叶えられる場所。ぜひ神戸に住んでほしい」と呼びかけていた。

神戸市建築住宅局政策課の松添高次さん(右)と、『サンデー神戸』レポーターの加納永美子

※ラジオ関西『サンデー神戸』2021年6月20日放送回より