この夏の全国高校野球選手権大会の決勝前日、高校女子の全国大会(全国高校女子硬式野球選手権大会)の決勝戦が、史上初めて阪神甲子園球場で開かれる。女子野球のチームは学生からプロまで全国その数が増えていて、年々その裾野が広がっている。兵庫県の淡路島には2017年まで女子プロ野球チーム「兵庫ディオーネ」があった。地元を中心に根強いファンに支えられていたが、18年に愛知に移った。女子プロ野球が淡路島に残したものは何だったのだろうか。

 121試合、362打数143安打47打点、打率3割9分5厘、出塁率4割8分9厘。最優秀選手、ベストナイン、最優秀新人賞。これは、元女子プロ野球選手・大山唯さんが3年間のプロ生活で残した記録と主なタイトルだ。

 埼玉県生まれの大山さんは幼い時から、父親とカラーバットとボールで遊ぶ野球少女だった。

「(野球界を目指す)一番のきっかけは小学5年の時。女子の世界大会(硬式)が日本で開かれるのを知って、日本代表でプレーしたいと思ったんです。そのためには硬式でやるしかないと思い、リトルシニア(リーグ)に進みました」

 男子とともにプレーし、地元の指導者からは知られる存在になっていった。その後、強豪・花咲徳栄高校から尚美学園大学に進学、硬式野球一筋に歩み、2014年に日本女子プロ野球リーグに飛び込んだ。東北レイアで1年プレーした後、翌年埼玉アストライアに移籍。その前半戦終了後から、兵庫ディオーネのユニフォームに袖を通した。「埼玉から出たことがなく、初めて県外で住んだのが淡路島でした」。

兵庫ディオーネ時代の大山唯さん(写真:本人提供)

 不安な気持ちで移り住んだ淡路島だったが、それはすぐに消えた。「すごく歓迎してくれて、淡路の人たちが家族のように接してくれたんです。応援してくれる人たちのためにも頑張りたい活躍したい、と思いました」。この言葉の通り、このシーズンは打率4割7厘、出塁率4割7分9厘の好成績で首位打者、最多安打、最高出塁率でタイトルに輝き、2年連続でベストナイン、打者の最優秀選手に選ばれた。翌シーズンも打率4割7厘、待望の本塁打も打ち、ディオーネの優勝の原動力にもなった。しかしシーズン終盤の9月に突然、現役引退を表明した。

「全力で毎年やりきって『全部やりきったな』という思いでした」。彼女はその後、出身地の埼玉アストライアでコーチと監督を歴任し、2019年で女子プロ野球から完全に引退した。

 大山さんはいま、あるテーマパークで仕事をしている。

「小さい時から大好きだったんです。毎日同じ仕事だけど、同じことがなく、ゴールや正解もなく、試行錯誤して次の日を迎える……そういうところは女子プロ野球と似ています」

 野球と無縁の生活と思いきや、仲間と作る野球チームに入っている。

「チームの男性からは『ほかの女子とはやっぱり違うな〜』って言われます。今まで勝ちにこだわって追い込む野球しか知らなかったので、初めて楽しく野球をやっています。単純にボールを追いかけて、失敗してもドンマイ!って言いながら、とにかく楽しいです」

現在の大山唯さん(写真:本人提供)

 初めて故郷を出て住んだ淡路島について大山さんは「今でも遊びに行っていて、お世話になったパン屋さんとかに顔を出しています。家族みたいに『お帰り』と言われる環境ってすごくいいなと思います。淡路島で(野球ができて)一番良かったと思います」

 かつての仲間とまた野球をやることはないのだろうか。

「今は……ないですね。碇監督(ディオーネ時の碇穂監督、現東海ネクサス監督)からも『一緒に指導者やろうよ』と、声をかけていただいたんですが、今の仕事が楽しくて……」

 かつての仲間に対しては「今は応援したい気持ちの方が大きいです。頑張ってほしい」と語る。そのうえで「女子野球はこれから伸びていく競技。厳しくしなければいけないところ、改善しなければならないところがある。女子野球だからこその魅力を残していかなければならないと思います」。

 好きな野球から離れたものの、離れたからこそ見えてきた野球の楽しさ。大山さんは今も野球とともに生きている。

(次回は、淡路島の思いを愛知で咲かせた元ディオーネ監督の碇穂さん)