バレーボールの国内トップカテゴリーで活躍する現役選手のキャラクターとは……。Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路を応援するラジオ番組が、バレーボーラーの素顔にせまった。

© 2020 ヴィクトリーナ姫路
ヴィクトリーナ姫路

『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)では、「答えて!ヴィクトリーナ」のコーナーで選手やスタッフにアンケートを実施。今回は、ミドルブロッカー3選手をピックアップし、パーソナリティーの菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)がアンケートをもとにトークを展開した。

◆うらやましいくらいのスタイルの持ち主 なのに、食欲は天井知らず?!

 2年目となった2020-21シーズン、V1公式戦で28試合に出場した、背番号5番のミドルブロッカー・長野有紗選手。<お気に入りの曲、試合前に聞く曲>に「BTSやTWICE、少女時代」などのK-POPをピックアップ。一方、<第一印象でよく〇〇と言われます>では「スタイルがいいと言われます」と回答した。

長野有紗選手(写真:ヴィクトリーナ姫路)

 これには「本当に! 顔小さくて手足が長くて、うらやましいくらいのスタイル」(佐藤)、「これは自信持ってもらって大丈夫です!」(菅原)とパーソナリティーも太鼓判を押した。

 長野選手の<一番思い出に残っている試合>は、「個人的には自分が試合に出て勝ちたいと思っていたから」と、チームの大半の選手が挙げる、昨シーズンのトヨタ車体クインシーズ戦(Vファイナルステージのトヨタ車体クインシーズ戦。セットカウント3-2で勝利。2021年2月20日)をセレクト。「大事な試合だったし、みんなが『自分が参加して勝ち取りたい』という気持ちがすごく強かったんだなという試合だったよね」(佐藤)。

 ちなみに、<ここだけはチームでNo.1と思うところ>として記したのは、「食欲、手足の長さ、レシーブ大好きな気持ち」。

 この回答に佐藤が反応した。「あるチーム関係者の方から聞いたのですが、一度みんなでご飯を食べに行く機会で、普通にしっかり食べ終わって、その後にまた次のお店に行こうかとなったそうです。そのとき、次の店はさすがにデザートくらいだろうという感覚でいたら、(長野選手は)またガッツリごはんを食べたって……」と仰天エピソードを披露。菅原も「そうですね、満腹感を味わったことがないと聞きました! 意味わかんないですよね(笑)」(菅原)と、スタジオでも盛り上がりを見せた。

◆ピンチサーバーでの失敗談、バレー界では「これ、怒られますよ〜」

 昨シーズン、NECレッドロケッツから加入すると、経験をいかしてチームを牽引。公式戦27試合に出場した、背番号11番のミドルブロッカー・荒谷栞選手。

 そんな荒谷選手、<ずばりライバルは?>には古巣のNECを挙げた。ヴィクトリーナはまだNECに白星をあげておらず、今シーズンこそ白星を奪いたいところ。なお、<仲の良い選手は?>には、埼玉上尾メディックスに所属していた堀江美志選手、NECの曽我啓菜選手の名前を挙げていた。

荒谷栞選手(写真:姫路ヴィクトリーナ)

 4人姉弟で10歳下の弟がいるという荒谷選手の<ここだけはチームでNo.1と思うところ>は「行動力があるところ」。<宝くじ100万円当たったらどう使いますか?>には「日本一周旅行」と壮大な夢を語った。<試合、練習でやらかしたエピソード>では「ピンチサーバーで入って、8秒過ぎてしまったことがあります」と答え、「これ怒られますよ〜」と、元ヴィクトリーナの選手でもあった菅原がコメントしていた。

◆色白の秋田美人、<第一印象でよく言われたこと>は意外な回答に

 背番号14番、ミドルブロッカー・佐々木千紘選手は、ルーキーイヤーの2020-21シーズンで、花井萌里選手や松本愛希穂選手らとともにブレイクした1人。公式戦には27試合に出場し、レギュラーラウンドではリーグ5位のアタック決定率(45.8)を記録。また、今年6月末には、クラブ発足以来初となる、選手個人としてのスポンサーシップ契約も締結するなど、新シーズンも目が離せない選手といえよう。

 そんな佐々木選手の<ここだけはチームでNo.1と思うところ>は「サーブがいいところ」。試合前には必ず「エネルギーゼリーを食べること」で栄養を補給し、コートに立つという。<一番思い出に残っている試合>には「ファイナルをかけたトヨタ車体戦」を挙げた。

佐々木千紘選手(写真:ヴィクトリーナ姫路)

<仲の良い選手は?>は「同期の選手たち」で、「孫田菜奈選手とか松本愛希穂選手とか、清水茜里選手、花井萌里選手とか!」と菅原が佐々木選手の同期選手たちを紹介。<試合、練習でやらかしたエピソード>では「リーグ初戦で両足つったこと」を記した。

 他にも<第一印象でよく〇〇と言われます>では「アホそうと言われました」とのこと。佐藤が「そんな感じする?」と菅原に問うと、間近で接している菅原は「そんな感じはないですけどね。すごくハキハキとしゃべって、挨拶とかもしっかりできる子なので」とコメント。続けて佐藤が「私のなかでは佐々木選手は秋田美人。色白で」と話すと、菅原も「それは間違いない」と賛同した。

 今回で「答えて!ヴィクトリーナ」選手編が終了。番組ではパーソナリティー編も紹介予定だ。

『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来(左)と、佐藤りな

※ラジオ関西『いいな117ヴィクトリーナ』より