今年の夏、神戸市の人工島、ポートアイランドの2か所に、約2万本のひまわり畑が誕生し、見頃を迎えている。

ポートアイランドに登場した、ひまわり畑

 このほど、兵庫県の神戸市と佐用町が森林や農地の保全活用を目指す連携協定を締結し、その記念としてひまわり畑で有名な佐用町から約2万本の種が神戸で植えられた。ひまわり畑は、ポートライナー「市民広場」駅東と、同「計算科学センター(神戸どうぶつ王国・「富岳」前)」駅の北東に作られ、8月初旬まで元気なひまわりが花を咲かせている。

「市民広場」駅東にある、ひまわり畑

 神戸市と佐用町は、阪神・淡路大震災や、2009(平成21)年の台風9号の豪雨災害の際に、相互に支援を行ってきた。どちらの町も、森林や農地が多いという共通点があり、お互いのノウハウを共有しながら、森林や農地の保全活用に取り組んでいくため、今年7月19日に連携協定を締結した。

佐用町で久元喜造神戸市長と庵逧典章佐用町長が連携協定の締結式を実施(写真提供:神戸市)

 同日には佐用町の「南光ひまわり畑」で、神戸市の久元喜造市長と佐用町の庵逧典章町長が連携協定の締結式を実施。ひまわり畑は2つの市町の地域資源を生かした交流に向けて、佐用町から神戸へと植えられ、10月からは神戸市の職員が佐用町役場で知識や経験を共有しながら森林農地の保全に向けた取り組みを行う予定だ。

 これまで空き地だった「市民広場」駅の東には、約1万平方メートルの広場に1万本ほどのひまわりが植えられた。そこには、散歩できるように整備された道や、ひまわり畑の中に入れるフォトスポットもある。

ひまわりと「ハイ、チーズ!」

 神戸市都市局新都市工務課の秦誠さんは、「佐用町から種をもらい、あまり水は上げなくてもよいと言われたが、ポートアイランドの土は乾燥しているので、まめに水やりを行うなど工夫している。ひまわりは本当は1.5メートル程の高さになるはずだが、環境の違いからか少し低くなり、幸いなことにちょうど写真が撮りやすい高さに咲いてくれた」と、ひまわり栽培に関するエピソードも明かした。

ポートアイランドのひまわり畑整備の様子(写真提供:神戸市)

「神戸のひまわり畑をきっかけに、これからの神戸市と佐用町の連携協定の取り組みに注目してほしい」というのは、神戸市企画調整局企画課の内藤智朗さん。「お互いの市町を訪問するなど、市民の皆さんにも交流を深めてほしい」と呼びかけていた。

 ひまわりの見頃はおよそ1週間で、「市民広場」駅東側は8月に入って少し花が残るほど。「計算科学センター」駅北東は8月10日頃が見頃になる予定。

ポートアイランドのひまわり畑にて。神戸市都市局新都市工務課の秦誠さん、神戸市企画調整局企画課の内藤智朗さん、神戸市企画調整局企画課の室田結加さんと、『サンデー神戸』レポーターのドキドキ☆純情ガールズ

◆8月8日に「ひまわりマルシェ」開催

 8月8日(日)には、「計算科学センター」駅北東のひまわり畑とその周辺で、お昼ごはんやカフェを楽しめる「ひまわりマルシェ」を開催。パン、スイーツ、ドリンク、雑貨等のテント屋台やキッチンカーが並ぶほか、シャボン玉パフォーマンスなども行われる。さらに、佐用町「元気工房さよう」が特産物を出店予定だ。また、ヨガのイベント「KOBE×YOGA 芝生ヨガ」が午前11時から1時間、定員40人の事前申込制で同時開催される。「ひまわりマルシェ」は午前11時から午後5時まで。雨天の場合は翌日に順延となる。入場は無料。臨時駐車場(無料)が30台程度設置される予定。問い合わせは神戸市事業・イベント案内センター、電話0570-083-330。

※ラジオ関西『サンデー神戸』2021年8月1日放送回より