2015年、兵庫県警機動隊に所属していた男性巡査(当時24歳)が自殺したのは、所属していた機動隊で先輩や上司から受けたパワーハラスメントなどが原因だとして、広島市の両親が兵庫県に約8千万円の損害賠償を求めた控訴審の第1回口頭弁論が1日、大阪高裁で開かれた。

 亡くなった巡査・木戸大地さんは広島市内の高校を卒業後、2009年に兵庫県警に採用された。2012年から機動隊で勤務し、2015年7月ごろにうつ病を発症して同年10月に神戸市内の宿舎で首つり自殺した。

 訴状や遺族への取材によると、大地さんは日常的に上司や先輩からの暴言を浴びていたという。具体的には、朝の訓練に参加しなかったとしてスクワットをさせされたり、宴会で裸踊りを強要されたり、「ミス一覧表」の作成を命じられたりしたとしている。

■「もうお前は機動隊にはいらん」顔面蒼白で「もうしんどい……」絶望の淵に

 こうした中、大地さんは先輩の巡査長らから、技能試験のカンニングを事実ではないのに認めるよう迫られるようになった。原告側によると、自殺した2015年10月6日午前、大地さんのもとへ先輩の巡査長が押しかけて廊下に呼び出し、「もうお前は機動隊にはいらん」などと約30分にわたって叱責していた事実が新たに判明したという。

 一審・神戸地裁の審理では、大地さんに対してカンニング疑惑を先輩が延々と追及したとされていたが、自殺直前の具体的な時間帯が特定された(大地さんが死亡したのは、この9日後の同年10月15日)。一部の隊員の証言によると、大地さんはその直後、真っ青な表情で「もうしんどい」などと話したのが最後だったという。

 控訴審ではこれらの行為の有無が争点となる。被告・兵庫県(兵庫県警)はこれを否定して請求棄却を求め、原告側は大地さんの存在を完全に否定され「『もう警察では生きていけない』と絶望の淵に追いやり、自死へ決定的に追い詰めたことは明らか」と主張している。

 さらに上司(機動隊中隊長)については「規律違反(ハラスメント、及び前記の職務義務違反行為)を知っていながらこれを放置した。また、注意を払えばパワハラ行為ではないかとの疑問が生ずるにもかかわらず、これを漫然と見過ごし、調査を怠った義務違反が存在する」としている。

 兵庫県警はこの問題で、関係者128人から聞き取り調査をしているが、原告側は、このうち約40人が大地さんへのパワハラを認め、さらに4、5人が「この巡査長に殺された」と証言したとの確証を得たとしている。

 大地さんの父親・一仁さんは「これでもう一度審理のスタートラインに立つことができた。今度こそ、大地の無念を晴らしたい。これらの事柄が明らかにならなかったのは、組織内で”かん口令”が敷かれていたのではないか」と話した。