11月11日は「ポッキー&プリッツの日」でした。「ポッキーゲーム」「ポッキーダンス」など、ポッキーにまつわる言葉はたくさんあります。そのなかのひとつ「ポッキー・オン・ザ・ロック」を、皆さんご存知でしょうか? もしかすると、昭和世代のなかには懐かしく感じる人もいるかもしれません。

「ポッキー・オン・ザ・ロック」とはいったい何なのか? その正体を探るべく、ポッキーのメーカーである江崎グリコ株式会社の広報・川端さんに話を聞きました。

―――「ポッキー・オン・ザ・ロック」とは?

【川端さん】 冷たいドリンクにポッキーをさして一緒に楽しむ食べ方で、1970年代にバーや喫茶店から生まれました。氷を入れたグラスにポッキーを入れたり、マドラー代わりにお酒やコーヒーなどにさして提供されていたようです。マドラーとして使用することでポッキーが冷え、「ポキッ」という食感がより強まってポッキーそのものもさらにおいしくなるんです。お客様のアイデアから生まれた、まさに一石二鳥の楽しみ方です。

氷を入れた飲み物に使われることが多かったことから、ウイスキーなどを氷で割るシンプルな飲み方「オン・ザ・ロック(通称:ロック)」を付けて、「ポッキー・オン・ザ・ロック」という名前になりました。

―――誕生のきっかけは?

【川端さん】 当時の担当者がバーを訪れた際、お酒のマドラーとしてポッキーが使用されている場面に出会ったのがきっかけです。調べてみると、多くのバーや喫茶店などで提供されていることがわかりました。ポッキーはいつの時代も、コミュニケーション戦略として「どんなシーンで食べてもらうか」を重視したプロモーションなどを行っていたのですが、まさに新たな楽しみ方にピッタリということで、1976年に当社から正式に「ポッキー・オン・ザ・ロック」と名前を付けて展開するようになりました。

―――なぜポッキーだったのでしょうか?

【川端さん】 なんといっても、棒状であることが選ばれた理由だと思います。1966年に登場したポッキーは、当時「世界で初めての棒状のチョコ菓子」だったんです。今でこそ棒状のお菓子はたくさんありますが、当時としては珍しかった棒状のお菓子としてポッキーが使われるようになったのではないでしょうか。

―――令和になり、再び注目を集めているのだとか?

【川端さん】 実は、ポッキーにはファンクラブがあり、そこにはポッキーをどのように楽しんでいるかをシェアする場があるんです。そこで、ポッキーを分け合う際にグラスに出して提供しているお客様を発見。「令和にも『ポッキー・オン・ザ・ロック』が流行るのでは!?」とひらめき、昨年「令和の! ポッキー・オン・ザ・ロック」というキャンペーンを実施しました。

昨今のレトロブームも相まって、当時を知らない若い方々もSNSにたくさん投稿してくださり、大いに楽しんでいただきました。おかげさまで、今年は「47都道府県のポッキー・オン・ザ・ロック」レシピを公開するなど、昨年に引き続きさらなる楽しみ方を提案させていただきました。ただ復活しただけでなく、令和を迎えてさらに進化した「ポッキー・オン・ザ・ロック」を楽しんでいただいております。

☆☆☆☆☆

 1970年代、バーや喫茶店で親しまれた「ポッキー・オン・ザ・ロック」。令和となった現在は、昨今のレトロブームや映え文化もあり新たな楽しみ方が生まれていることがわかりました。ちなみに、「ポッキー・オン・ザ・ロック」は氷を入れた冷たい飲み物限定の楽しみ方。温かい飲み物に“ポッキーをオン”するとチョコが溶けてしまいますので、楽しまれる際はご注意を。

※ラジオ関西『Clip』2023年11月30日放送回より

(取材・文=藤田慶仁)