容疑者の車 エアバッグ開く衝撃 前橋の女子高生2人重体事故

容疑者の車 エアバッグ開く衝撃 前橋の女子高生2人重体事故

 市立前橋高の女子生徒2人がはねられて重体となった事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕された川端清勝容疑者(85)=前橋市下細井町=が運転していた乗用車が、少なくとも時速30キロで自転車に衝突していた可能性があることが10日、分かった。 群馬県警によると、現場にブレーキ痕はなく、乗用車は事故の衝撃でエアバッグが作動していた。一般的に運転席や助手席のエアバッグは、時速30キロ以上で前面から衝突すると膨らむとされる。ただ対自転車の事故の場合は速度の計算が難しいとされ、県警は慎重に事故の状況を裏付ける方針。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

上毛新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

群馬 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索