近年、「生理の貧困」が社会問題化しています。経済的な理由で生理用品を購入できない女性がいる……。これは今年実施された厚生労働省のインターネット調査でも明らかになっており、「一昨年2月以降で生理用品の購入や入手に苦労したことがある」という女性は全体の8.1%にものぼり、その理由としては「自分の収入が少ないから(37.7%)」などお金に関するものが上位を占めました。

この状態を打破すべく立ち上がったのが、北海道在住の一般社団法人JOYの代表理事である、生理用品マイスターのささきさん。ささきさんは「生理用品無料配布プロジェクト」として、様々な事情で生理用品が手に入らない女性への支援を行っています。

今回女子SPA!編集部は、ささきさんにリモート取材を行い、その活動やリアルな現状について話を聞きました。

◆生理用品を無料で配ろうと思った理由
――ささきさんが「生理用品無料配布プロジェクト」を行うことにした理由を教えてください。

ささきさん(以下、ささき)「去年の3月にテレビのニュースで『生理の貧困』問題についてを取り上げられているのを見たのが最初のきっかけです。まずは私が経営している雑貨店(現在はオンラインのみ)に置いておくことから始めました。そうしたら、これに賛同してくれた方々が生理用品を持ってきてくれたり、PayPayで寄付をしてくれたり。
さらにツイッターで呼びかけてみたら、道内だけでなく全国からも支援が届くようになりました。そこで集まった生理用品を店に置くだけでなく、公共施設に無料スポットとして設置し、配布をすることにしたんです」

――その時点では、まだ社団法人としての活動ではなかったのですね。

ささき「はい。完全なボランティアでした。でも、やっぱりこうした活動はボランティアだけでは限界があるので、フラウドファンディングをして『JOY』を立ち上げました。去年の9月のことです」

――3月の発想から約半年の間に、猛スピードですね!

ささき「私はやりたいと思うことに真っすぐになりすぎるところがあるんです(笑)。でも、同時にサポートメンバーとの団結力が最初からしっかり固まっていたことが進みを早めた要因ではあると思います」

◆自分も「生理の貧困」の当事者だったと気づいた
――活動をし始めてから気付いたことはありますか?

ささき「これは自分自身のことなのですが……。何よりもまず『あれ? 私こそ生理の貧困の当事者だったんじゃない?』と。私は親から自分用の生理用品を買ってもらったことはないんですよ。これは虐待とかではなく『親と子どもが同じものを使えばいい』という発想。
私は中学一年で初潮を迎えましたが、中学の3年間は親と一緒の生理用品しか与えられなかったので『これは私に合ってないな』と不便さを感じながら使っていたことを、活動し始めて思い出したんです」

――生理用品自体は“物”としてはあるけれど、それが自分に適したものではなかった。これも「生理の貧困」の一種なわけですね。

ささき「思えば、私はブラジャーも買ってもらえなかったんですよね。肌着は買ってもブラはいらないという考えだったみたいで。これは田舎あるあるなのか、今70代くらいの世代はみんなそうだったのか……。私の周りに聞いてみたら、同世代にそういう子がけっこう多かったんです」

――私の親もその世代ですが、確かに生理用品を親と共有していたというのは覚えがあります。

ささき「20年以上も前のことだったのですっかり忘れていましたが、当時はけっこう辛いことだったんですよね。なので、もし今の子どもたちもそうなんだとしたら『助けなきゃ!』という思いが改めて芽生えました」

◆「子ども達がだらしなくなる」という声も
――この「生理の貧困」は、もともとは主に大学生が声をあげた問題として表面化した印象があるのですが、それよりも若い年代の子たちにも身近であると?

ささき「私はむしろ、助けなければならないのは小中高生の年代ではないかと感じています。大学生になれば、自分でアルバイトができるので、自分で購入するという選択肢はある。でも、それよりも下になると自分で自由になるお金も持てないんですよね。学校にも生理用品の無料配布を、と思い立ったのは、公共施設だと学区内外の問題で取りに行けない子どももいるからなんです」

――なるほど。ただ、ささきさんのツイッターで「生理用品を無料設置する事で、子ども達がだらしなくなるから学校に設置したくないと言われました」という記述を見て驚いたのですが……。その理由が生徒が甘えるから、なんて理由だということにも衝撃を受けました。

ささき「本当にガッカリしました。1週間生理があるとしても1日2時間おき、12時間起きてたら6〜7枚×日数。それくらいないと間に合わないのに……」

――それをお金のない子どもたちが自腹で用意することが、どれほど大変なことか……。

◆小さいサイズのナプキンだけでは足りない
ささき「子どもたちのリアルな声を聞けば聞くほど、必要とされる適正なものをあげて欲しいと思うんですけどね……設置している自治体すら、自発的に用意する生理用品って、20×5cmの一番小さいサイズのものしかないんです。『JOY』には薄型やもっとロングなもの、デザイン性のあるものなど、多種多様な生理用品が送られてきます。なので、私たちが設置しているスポットだと、たくさんの中から自分に合うものが選べるようになっているんです」

――一番需要があるのは、どんなものなのでしょうか?

ささき「圧倒的に30cm以上の夜用サイズです。小さいサイズは安いかもしれないけど、漏れることもあるじゃないですか。生理の量って親子でも全然違うんですが、それを知らないとみんな同じで十分という発想になっちゃうんです。結局、漏れるのが嫌だから学校に行きたいないって子も出てくるわけで。そんなことで教育の機会を逃すって勿体ない。学校を生理でも安心できる環境にしてあげたいんですよね」

――学校側で長いサイズの生理用品を用意する動きはないのでしょうか?

ささき「『長いのを渡すと替えなくなるからやめてください』と言われたことがあります」

――ええ……。そういう問題じゃないでしょうに。

ささき「無料スポットも学校もそうですけど、生理用品を必要としている子たちが最善で使えるものを取り入れるべきなんですよ。ただでさえ生理って辛いのに、こんな状況では余計に辛い。少しでも生理期間を快適に過ごせさせてあげたいです」

◆活動するからには継続を
――『JOY』以外でこうした活動をしている団体はほかにもあるのでしょうか?

ささき「生理に特化している団体で現在も活動しているところは、現状ではごく少数だと思います。去年あたりはアンケートを集める団体が乱立していたのですが、だいたいは発起人が大学生で、就職活動を有利にするための活動であることも多かったんです。結局、活動した記録だけを残して志半ばで辞めてしまう。そうなると、私たちの活動も同じように思われてしまいます。
そういう方たちにちょっと伝えたいのは、やるからには継続して欲しいということ。私も継続することは強く意識して活動をしています」

【一般社団法人JOY】
生理用品無料配布プロジェクト として生理用品無料配布を入口とし、「困りごとや生きづらさ」のある人達を支援・サポートする活動を行なっている。

【ささき】
一般社団法人JOY代表理事/生理用品マイスター。2017年に雑貨店開業。2021年に雑貨店にて『生理用品配布』を始めたことをきっかけに一般社団法人を設立。

<取材&文/もちづき千代子>
【もちづき千代子】フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。Twitter:@kyan__tama