2022年8月25日、タレントのryuchell(りゅうちぇる)とpeco(ぺこ)がそれぞれのインスタグラムで夫婦関係を解消し「人生のパートナーとして暮らしていく」ことを報告しました。翌日には2人の所属事務所が離婚を認めています。

 ryuchellは、自身のインスタグラムで「“本当の自分”と“本当の自分を隠すryuchell”との間に溝ができてしまいました」と告白。続けてpecoは、「戸籍上でも、夫婦ではなくても家族という枠にいられるよう、今最善の方法を見つけて進めようとしているところです」と状況を説明しました。



 近年、「多様性」という言葉をよく見聞きするようになりました。昔に比べると、さまざまな価値観・考え方・ライフスタイル・自己表現などが語られる機会は、確かに増えています。その一方で、「新しい形の家族」として歩む決断をした2人に対し「結婚したあとなのに無責任だ」「離婚する必要はない」など、批判の声も多く見受けられ、多様性が十分に浸透しているとは言い難い現状もあります。

 いまだに「男性・女性はこうあるべき」のような考えが根付いている社会で、ryuchellのような苦悩を抱える人は少なくないはずです。レズビアン当事者としてさまざまな性のあり方を発信する筆者が、ryuchellに近い経験や境遇をもつ当事者2人の意見を聞きながら、今回の報道について考えていきます。

メディアで「理想の夫」として発信された



「これまで皆さまに多様な生き方を呼びかけてきた僕なのに、実は僕自身は“夫”らしく生きていかないといけないと自分に対して強く思ってしまいました」

 2016年にpecoと結婚し、2018年7月に第1子を授かったryuchell。さまざまなメディアで自身の生き方を発信し続けるなかで、同時に「生きていくことさえ辛いと思ってしまう瞬間」もあるほど生きづらさを感じていたといいます。さらに、pecoについて「女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事でした」と綴りました。一般的とされる「夫婦」としての形ではなく、「人生のパートナー」「かけがえのない息子の親」としての道を選んだのです。

 自分らしい生き方を発信し続けたryuchellを「夫の鑑」「夫としての行動に絶賛」などと讃えるメディアも多く見られました。たとえ一個人としての姿を発信したつもりでも、それがメディアでは「理想の夫」として発信される。理想の「男性」「夫」として「自分」が当てはめられたことが、生きづらさの引き金となったことがうかがえます。

女性としてでなく、自分として生きる



 山田さくらさん(仮名・24歳) ryuchellが「男」「夫」らしく生きなければならないと思うことで生きづらさを感じていたように、性別による“らしさ”の押し付けを感じる当事者は多く存在します。その1人である山田さくら(仮名・24歳)さんに話を聞きました。

「私は女性として生まれました。現在自認している性別は、男性でも女性でもありません。セクシュアリティは、強い信頼関係や絆がある相手にのみ、まれに恋愛感情を抱く“デミロマンティック”を自認しています。恋愛感情はゼロに近く、現在結婚しているパートナーとも恋人としてのお付き合いはしたことがありません」

 自身の性別が男女に当てはまらないと考えるようになったきっかけを語ります。

「始まりは、高校で気になる女性ができたことです。その頃から、女性を好きになるのは男性だけなのか、女性であることは何かについて考えるようになりました。その後、身近な人から性被害を受けたことがきっかけで、女性は性欲のはけ口にされ、受け身にならないと人に捨てられるものだと感じていました。いろいろなことが重なり、女性であることに対して嫌悪感を抱くようになりました」

 自分らしく生きていきたいと思う反面、夫として過ごすことに生きづらさを感じていたryuchellと同様、自分が女性でいなければならないと感じたこともあるのだとか。

「過去に異性とお付き合いしたことはほとんどなかったのですが、無意識に頭の中で“彼女”だからという考えが真っ先に出てきたのです。女性であることにとらわれて、世間が抱える女性の理想像を演じようとしていました」

周囲から“理想の結婚像”を押し付けられ…



 山田さんは自身のあり方を理解してくれる現在のパートナーと出会い、結婚しました。しかし、2人が幸せに結婚生活を送っていても、周囲からの批判に悩まされたそうです。

「籍を入れるとき、相手の姓ではなく私の姓を選択しました。パートナーはどちらでもよい考えをもっていたのですが、相手のお父さんが『苗字に合わせて名前を考えたから、息子の苗字を変えさせるわけにはいかない』と言い、大反対したのです。

 パートナーには妹がいるので、私は『娘さんが結婚して苗字が変わったらどう思うんですか?』と質問したら、『あの子は嫁に出ると思っているから問題ではない』と答えました。結局男だから苗字を変えないで、女なら名前の画数や文字数関係なく変えてもいいという考えなんだと思いましたね」

 結婚というあり方が一緒くたに語られることで、さまざまな人たちの生きづらさにつながっています。パートナー間で解決していても、世間の概念から外れることで批判の目に晒される可能性があるのです。

「その後、パートナーの父親からパートナーに『あんな極端な人間とは結婚しないで、普通の人を見つけてこい』とのメッセージが送られてきました。私たち2人で解決していることなのに、親からの介入があったり、男女の役割を押し付けられたり、結婚というものの敷居の高さを感じました。

 おそらくですが、ryuchellさんも私たちが経験したように、世の中は結婚を“パートナーシップ”ではなく、“家族単位のもの(親族全体を巻き込むこと、ひいては両家の合意のうえでするもの)”と認識していることを感じてしまったのかなと思います。2人がしっかりコミュニケーションをとって、お互いのベストな選択を見つけたなら、本来ならばそれに対して第三者が介入する必要はないと思うのですが……」

「男性でいなければならない」という思い



 Kotetsu(25歳) 男性、女性どちらにも属さない「ノンバイナリー」を自認するKotetsuさん(25歳)。自身のアイデンティティが形成されるまでの経験を聞かせてくれました。

「もともと服装やメイクは性別を意識するより、自分の気分で好きなように選んでいました。当時はノンバイナリーという言葉を知らなかったですし、体に対する違和感もなかったので、『男性か女性どちらか選ばなければいけないなら男性だ』と思っていました」

 ノンバイナリーという言葉と出会うことで自身の性に気づいたKotetsuさん。さらに生きづらさを感じていたと語ります。

「自分の性のあり方を知ることでスッキリしたのですが、生きづらさを感じることのほうが多いです。社会のシステムや公共デザインは男女のためにつくられていることが大半で、そこに当てはまらないことで常に不安を感じます。自分のアイデンティティを見つけることができたのに、より生きづらさを感じる社会に放り投げられた感覚が強いです

「夫」「男性」として求められることに苦痛を感じていたryuchellと同様、Kotetsuさんも周りが理想とする男性像に合わせようとした経験があるそうです。

「僕は恋愛対象が男性なのですが、ゲイ男性として見られることに違和感を抱えていました。と同時に、男性でいなければならないとも感じていました。多くのゲイ男性は性自認(自分の性別をどのように考えているか)が男性である人を求めているので、例えばマッチングアプリでプロフィールにノンバイナリーだと示すだけで、その人の選択肢から排除されてしまうんです。

 そのことを知っていたので、好きな人には男性として接しようとしたこともあるのですが、その人が求める男性像を演じることが徐々につらくなってしまいました」

“理想の夫像”の前提にあるネガティブな側面



 ryuchellに対するこれまでの世間の反応について、Kotetsuさんはこのように語ります。

「ryuchellさんは自分がしたいと思っていることをやって発信していただけの話ですが、それを“理想の夫”とひとまとめにされることで、世間がイメージする理想の夫像がネガティブな側面も含めてすべて集約されてしまった気がします。

 メディア側は丁寧に説明しなければなりません。ですが、読まれやすい記事を優先するために『夫』『男性』などとわかりやすい言葉を使い、本人の認識ではない側面が広まるのかなと。メディアの力によって、有毒なイメージが再生産されてしまったことが1つの要因として考えられます」

 あるメディアではryuchellが家事や育児を積極的に行っていることに対して賞賛する記事が掲載されていました。このことは世間のもつ男性へのイメージ、つまり「男は働いて家族を養う」のような考えが前提にあり、本来多様であるべき「男性」という存在が、一つのあり方としてまとめられる懸念があるのです。

社会が押し付ける“有害な男らしさ”の存在



 ※イメージです 働かずに家事を行う男性、家事が苦手な男性など、さまざまな人が存在しているため、あくまで「個人」として認識することが、多様化する社会では求められます。さらに、自分らしく生きている人でも社会の理想とする男性像・女性像に影響されることもあるのだとか。

「ryuchellさんがインスタグラムで綴っていた『夫らしくいなければならない』『“夫”であることは正真正銘の“男”でないといけない』という文は、公で多様性を訴えて活動している人でさえ、この社会が押し付ける“有害な男らしさ(社会や男性自身に害を及ぼすような文化的な男らしさの基準)”に影響を受け続けていることが伝わります」

「男は稼がなければならない」「男はたくましくあるべき」など、世間のもつ男らしさの基準はいまだに存在します。それを設定することで、当てはまらない男性が自分らしさを抑えてしまうこともあるのです。そういった基準をジェンダー等をめぐる議論でしばしば「有害な男らしさ」と表現しますが、社会にある前提を疑うためにはどうすればよいのでしょうか。

「他者を批判して自分のことを守った気になっているかもしれませんが、それは同時に、自分を窮屈にしているのです。なので、この有害な男らしさを解体していくためには、さまざまな人がいることを知り、ジェンダーやセクシュアリティ、その背景にある社会的問題などの知識をつけていく必要があります。

 また100%受け入れる必要はなく、そういう人もいるんだと存在を否定しないスタンスが求められます。2人で話し合いを重ねた結果なので、今後も素敵なパートナーシップを築いていくと思いますし、第三者はそれを1つの家族の形として受け入れることが大事なのです」

「もし大切な人がそうだったら?」と想像してみる





 ryuchellは9月24日、離婚公表後、初めて自身のYouTubeチャンネルで動画をアップ。

「夫妻ではなくなったんですけど、家族としての愛はしっかり守っていく覚悟で、新たなスタートを切って進んでいこうと思います。今後は自分の心の声に耳をかたむけながら、まわりも大切にしながら、一つひとつ丁寧にまい進してまいりたいと思っています」と心境を語りました。

 今回のニュースにより、今まで表で語られづらく、しかし確かにこの国に根付いていた問題が浮き彫りになったように感じます。今までにない概念や存在を見聞きしたとき、なかったことにするほうがラクかもしれません。しかし、マイノリティといわれている人たちは、実は身の回りに多く存在します。

 本記事で紹介した当事者やryuchellのように、自分だけの問題として心の中にしまっておく人は珍しくありません。「もし身の回りにいる大切な人がそうだったら?」と“自分ごと化”して考えてみてください。必ずしも存在を肯定する必要はなく、否定しない・存在するものとして認識することが大事なのです。

<文/Honoka Yamasaki>

【Honoka Yamasaki】
ライター、ダンサー、purple millennium運営。
Instagram :@honoka_yamasaki