近年ではSNSで野良猫の写真を投稿する際、撮影場所の特定に繋がる情報が映り込まないよう十分に配慮したり、「#僕らの居場所は言わにゃいで」というハッシュタグが広がるなど、外で暮らす猫が悪意ある人間による被害に遭わないよう、配慮する人が徐々にですが増えています。

 夕やけだんだんで暮らしていた頃のメグちゃん しかし、まだまだ十分であるとは言えず、人馴れした野良猫が苦しめられる事件も発生しています。そうした事件に巻き込まれそうになったのが、東京・台東区の商店街「谷中銀座」の“夕やけだんだん”という階段あたりにいつもいた、アイドル猫のメグちゃんです。

 今年8月、夕やけだんだんから姿を消したメグちゃん。発見に至るまでのお話を、現在メグちゃんをお世話しているあづちゃんさんに聞きました。

※メグちゃんは現在、あづちゃんさんの自宅に保護されています。

商店街で暮らすアイドル猫だったメグちゃん



 子猫の頃に姉妹で遺棄された、メグちゃん。自分より小さい姉妹をかばって、喉がガラガラになるまで鳴き続けていたところを保護され、猫が何匹か暮らす、夕やけだんだん近くの居酒屋にやってきました。

メグちゃん ところが、メグちゃんは甘えん坊な先住猫との関係に疲れたのか、6年ほど前から昼間は夕やけだんだんで過ごすように。

 当初は日中に猫雑貨店で眠り、夜、お店へ帰る生活をおくっていましたが、人にかわいがられ、食べ物ももらえていたため、お店に帰ることが減り、地域猫のような存在になっていきました。

 人懐っこいメグちゃんは観光客からも愛され、メディアで取り上げられるように。そんな姿を見守っていたのが、夕やけだんだんでお店を営む方たち。毎日、生存を確認し、ご飯をあげ、冬の寒い時期には寝床を用意したり、家に入れたりしていました。

 また、居酒屋の常連客もメグちゃんを気にかけており、夜になるとお店に連れ帰り、首輪には名前と連絡先を入れ、なくなった場合にはすぐに装着するなどの配慮も行っていたのです。

突然、メグちゃんが姿を消した



 メグちゃんの名付け親で、今回の行方不明事件に尽力したあづちゃんさんも、そうした配慮をしていました。

「実はメグ、2年ほど前に自転車で連れ去られたことがあります。目撃した人は犯人を追いかけましたが、逃げられてしまって……。でも、2日後には元の場所にいたので、何らかの手段で逃げてきたようでした」

 そんな出来事があったため、今年の8月15日からメグちゃんの姿が見当たらなくなった際、とても不安になったといいます。

 いなくなる直近に撮られた写真 交番や保健所、清掃局に確認しに行きましたが、メグちゃんだと思える猫の届出はありませんでした。

「もしかしたら、前回の人に連れ去られたのではないかと思ったので、チラシをつくり、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターにアップ。前回、メグが連れ去られた方向にチラシを貼ったり、ポスティングしたりしました」

「メグちゃんらしき猫が保護されている」との情報が



 作成されたチラシ すると、ツイッターを見た人から、メグちゃんらしき猫が保護されているという情報が。保護した場所を聞いたり写真を見たりして、あづちゃんさんはメグちゃんだと確信しました。

 実は8月15日の午前4時頃、警察署に「夕やけだんだんにいた迷子の猫を保護した」との連絡が入ったそう。

 メグちゃんを託された警察は、とある保護団体に一時預かりを依頼。その団体がHPで情報を公開していたところ、ツイッターでメグちゃんのチラシを見た人の目に留まり、あづちゃんさんに連絡が入ったのです。

「私は動物愛護センターの収容動物情報はチェックしていましたが、問い合わせはしておらず、警察も交番に問い合わせただけだったので、情報を得ることができなかったんです」

警察署でメグちゃんと再会



 あづちゃんさんはすぐにその保護団体に連絡を取り、翌日、警察署で身元確認を行った後、メグちゃんを引き取りました。

「警察署では保護団体の方と会い、ご挨拶とお礼を言いました。メグは私を確認すると、ゴロゴロと喉を鳴らしてくれました」

 帰宅後、数日間はケージの中で過ごしてもらった ただ、朝の4時にいつもいる夕やけだんだんでメグちゃんが保護されたことに対して、あづちゃんさんは大きな疑問を持っていました。

「失踪もしていないし、朝にあのあたりを歩く人はほとんど地元の人で、メグを知らない人はいないはずなのに、なぜ保護となったんだろうと思っていたんです」

ネット掲示板で虐待のターゲットにされていた…



 その疑問を解消するヒントとなったのが、警察署で知った恐ろしい情報。なんと、メグちゃんは掲示板サイト「5ちゃんねる」(旧・2ちゃんねる)で虐待のターゲットにされていたというのです。

メグちゃん「保護団体の方によれば、掲示板では抱っこできる野良猫や外飼いの猫がいる場所に赤丸をつけた地図が投稿され、場所の情報交換がされているそうです。メグは抱っこができ、連れて行きやすいと記されていたみたい。周辺の猫がいる場所にも赤丸がついていたことを聞いたので、帰宅後、私は飼い主さんや近所の人に警告しました」

 こうした話を耳にし、あづちゃんさんの頭には、メグちゃんの不自然な時間の保護に対して、ある仮説が浮かびました。

「あくまでも私の想像ですが、虐待サイトに潜入していた人が8月15日あたりにメグが被害に遭うことを知り、飼い主が分からないので、保護したとして警察に託して、彼女を守ってくれたのではないかと。不思議なことに、メグを保護した人とはその後、連絡が取れないと警察の方が言っていました」

先住猫がいる家で「家猫修行」に励む



メグちゃん 現在、メグちゃんはあづちゃんさん宅で家猫修行中。

「もともとの飼い主である居酒屋の女将さんは高齢であり、お店であるため、猫を外に出さないようにするのが難しいとのことで、メグちゃんを含め、お店の他の猫のお世話も私に一任されています」

メグちゃん 長年、外で暮らしていたメグちゃんは猫トイレでの排泄にまだ慣れず、リビングで堂々と排便をしたり、夜中に泣きわめいたりすることも。

「最初の3日間くらいは特に、外に出られないことに戸惑っていました。今まではいろいろな人が話しかけてくれたり、撫でたりしてくれていたのに、急にひとりの人間しかしてくれなくなったので、私への態度が健気で涙が出ます」

 また、あづちゃんさん宅の先住猫とはまだ仲良くなれておらず、喧嘩にならないよう、一定の距離を保ちながら、猫協定を結んでいるのだとか。

メグちゃん「実は最近、家猫修行後に行く場所が決まりました。もしかしたら、かわいがってくださったみなさんに、また会えるかもしれません」

「場所が特定できる野良猫の写真は投稿しないで」



メグちゃん そう語るあづちゃんさんは今回の事件を通し、野良猫の命に配慮する人が増えてほしいと改めて強く、思うようになりました。

「かわいがってくださるのはありがたいですが、虐待加害者はSNSに投稿された内容から場所を特定することがあるので、野良猫がいる場所の情報はもちろん、場所が特定できる風景の写真などを投稿するのは控えてほしいです」

 保護猫の譲渡が進み、完全室内飼いの猫が増えてきたとはいえ、野良猫や家と外を自由に行き来している猫はまだまだ多いもの。

 大切な猫の命を守るためには飼育環境を見直すと共に、飼い主がいない猫も安全に暮らせるよう、命を守れる配慮をしていくことが大切です。

 メグちゃんの行方不明事件は、動物との向き合い方を改めて考えるきっかけにもなります。

<取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291