ドラマ『泥濘の食卓』第7話。相変わらずちふゆ(原菜乃華)に迫られ、逃げ場をなくしているハルキ(櫻井海音)は、もう死ぬしかないと思いつめる。そこへハルキの様子を心配した深愛(齊藤京子)から電話が入り、ハルキは深愛の家に向かう。

家族を裏切った父親への憎しみが募っていく

 土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』7話より ©テレビ朝日(以下同じ) 自分の不倫相手の那須川夏生(吉沢悠)の息子を、深愛はなんとか救いたかった。だが、ハルキはちふゆから逃げたい一心で、自分の気持ちがわかっていない。彼は深愛を愛していると思い込んでいるのだ。だから父親への憎しみも募っていく。

 ちふゆにレイプ犯に仕立て上げられ、高校生活をめちゃくちゃにされているハルキは、すべてを深愛に話した。深愛は「私はハルキくんの味方だよ」と慰める。ハルキは「オヤジのどこがいいんですか」と深愛に迫る。優しくしてくれた、こんな取り柄のない私に、とぽつりぽつり話す深愛。

アイツは、オレら家族を裏切ってんですよ」とハルキが絞り出すように言う。深愛の顔色が少し変わる。このとき、夏生を愛しながら、その妻の心理カウンセリングをし、息子の味方だと言っている深愛自身の欺瞞(ぎまん)と偽善にほんの少し気づいたようにも見えた。

娘を暴力から守ろうとしないのも加害

 一方、深愛が部屋を片づけたり料理の練習をしていると知った母の美幸(筒井真理子)は、かつての自分の結婚生活を思い返していた。毎日、怒鳴られながら義父母に仕えていたあの頃……。両親に反発している義妹あかり(ヒコロヒー)に言われたのだ。「美幸さん、どうして家を出ないの? あいつら、いつか深愛ちゃんに暴力をふるうようになるよ」と。

「泥濘の食卓」 美幸は娘には父親が必要だからと当たり障りのない答えを返したが、あかりは「じゃあ、あんたも加害者じゃん」ときっぱり言った。



誰かが死んで喜ぶような人生はつらい

 義父母が事故で死んだとき、報せの電話を切ったあと、美幸は笑った。義父母が死んでうれしかったのだ。誰かが死んで喜ぶような人生は、その当事者もつらいはず。

「泥濘の食卓」 その後、夫が妻子に暴力をふるうようになり、美幸は夫の顔色をうかがって自身も深愛に冷たく当たった。自分が心地よく生きていないと、そのしわ寄せは弱い者に向かっていく。美幸の暗くて重い一面が明らかにされたシーンだった。彼女は実は今も気にしているのだ。義妹のあかりにいわれた「あんたも加害者じゃん」という一言を。

2人でコンドームを買うところを同僚に見られて

 深愛の不倫相手である夏生は、店長を務めるスーパーで店員たちから「不倫してるの?」と迫られていた。深愛と夏生が一緒にいるところを見た店員が数人いたのだ。妻のメンタルが問題で、それをカウンセラーを目指している深愛に相談したところ、自分が診ると言ってくれたと、夏生は半分本当で半分嘘のようなことを話してごまかす。

「泥濘の食卓」 それを聞いた店員たちが、そういうことかと納得しているとき、ひとりがつぶやいた。

ふたりがドンキで買っていたのはコンドームですよ

 夏生、危うしである。



「親なんてこっちから見捨ててやればいい」

 後日、またもちふゆに嫌がらせをされたハルキは、土砂降りの雨の中、深愛の家にやってくる。寒さに震えるハルキを帰すこともできない深愛は、家に上げるのだが、すぐに母が帰宅する。なんとか母の目をごまかすために、ふたりで風呂に入り、ハルキを自分の部屋にかくまう。

 机に飾られている深愛と母親の写真をハルキが見つめる。深愛は眼帯をしている。どうしてこんな写真を飾っているのだろう。食事を持って来た深愛に尋ねると「おかあさんが気に入っている写真だから」。

「泥濘の食卓」 母が部屋に入ってくるのを心配して、深愛は狭いベッドにハルキと潜り込んだ。

 ハルキは「親に怒られるのがそんなに怖いの?」と尋ねる。「怖いよ。見捨てられることがいちばん怖い」と答える。

「親に見捨てられたっていいじゃないか。親なんてこっちから見捨ててやればいい」

ハルキは自分の素直な気持ちを深愛にぶつけた。深愛は目を見開いてハルキを見つめた。そういう価値観は彼女の中になかったのだ。

深愛は自らの意志を把握できるようになるのか

 深愛はハルキによって自立の芽を伸ばすことができるのだろうか。実際にはしっかりしているし、年相応の自立心があるのに、彼女自身が母に遠慮してその力を伸ばすことができずにいるだけなのだ。彼女はそれに気づくことができるのだろうか。

 そして深愛とつきあっている父親に激しい嫌悪感を抱いているハルキの行く末はどうなるのか。はたまたメンタルを病み、それを深愛に癒やしてもらっていた夏生の妻ふみこ(戸田菜穂)は、夫と息子と深愛の関係をいつ知ることになるのだろう。

 泥濘ならぬ泥沼の関係は、いよいよ大団円を迎えそうである。

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】
フリーライター。著書に『くまモン力ー人を惹きつける愛と魅力の秘密』がある。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。Twitter:@viofatalevio