こんにちは。コラムニストのおおしまりえです。

 イメージです(以下、同じ) 近年、増加傾向にあるとされる「熟年離婚」。熟年離婚とは、一般的に婚姻から20年以上が経過していて、かつ多くの場合は50歳以降の夫婦の離婚を指すようです。

 人生100年時代と言われるようになったことで、熟年離婚は「残りの人生を考えた際の一つの選択」という見方が広まりつつあります。しかし実際に熟年離婚を考えた時、生活や金銭面の大きな変化から、行動に移せない人も多いのではないでしょうか。

 今回は、熟年離婚の相談を多く受けているカウンセラーの緒方リサコさんに、熟年離婚のリアルな事情を聞きました。緒方さん自身も47歳で子連れ熟年離婚を経験しています。

熟年離婚は、なぜ今増えるのか?

 カウンセラーの緒方リサコさん データ上でも、熟年離婚は増加傾向にあるとする専門家がいますが、当事者と向き合う立場である緒方さんから見て、ここ数年の傾向はあるのでしょうか。

 緒方さんは意外にも「熟年離婚はそんなに増えていない気もする」と教えてくれました。

「コロナ直前までは、熟年離婚が最近増えたなという印象がありました。しかしコロナ禍を経て、今は熟年離婚を希望する人が少なくなっているのではないかと、私個人は感じます。

 とはいえ、それは熟年夫婦の問題が減ったわけではありません。再構築を考えるご夫婦が増えたり、カウンセリングを通さずに離婚を選択した人が増えたりしただけの可能性もあります」(以下、緒方さん)

 また、熟年離婚の傾向の変化には、生活や価値観の変化が関係しているとも話します。

「コロナ禍を経て、私達の生活も価値観も大きく変化しました。在宅勤務が広がり、長時間自宅で過ごすのが当たり前になったり、価値観については『卒婚』という言葉が浸透したりして、『自分らしい人生はいくつからでも手に入れて良いんだ』という感覚が広まっています。

 こうした流れもあってか、経済的に豊かなご夫婦は、離婚ではなく別居婚となって婚姻関係を継続するケースも多くあります。生活や夫婦のあり方に多様性が生まれたことで、熟年離婚の形も、ここ数年でさらに変化しているのではないでしょうか」

男女の離婚理由、もっとも多いのは…

 価値観の多様化が進み、その結果離婚や別居婚、夫婦再構築を選ぶなど、人生の過ごし方もバリエーションが増えているわけですが、それでもやっぱり「離婚」を選択するには、どういった理由があるのでしょう。

 一般的に、熟年離婚といえば、妻側から三行半を突きつけるイメージです。しかし、リアルではそうとも言い切れないとか。

「私が相談を受けている熟年離婚を希望する方の割合としては、まだ女性からの声が多いです。でも、男性からの声も増えています。具体的な理由は、女性の場合『子育ても介護も終わったことで、もう夫と一緒にいる意味がない』といったことが多いですね。長年妻や母という役割をまっとうした方は、年金や夫の退職金を財産分与し、パート等で働けばあと20年くらいの人生設計も問題ない方もいらっしゃいます。

 迷惑をかける人もいないしこの先の見通しも立つからこそ、女性から離婚を選択できるわけです」

 夫の退職や雇用形態の変化にともない、夫婦のパワーバランスが変わることはよくある話です。しかし、男性側からしたら、長年働いて養ってきた家族に決別を突きつけられるのは、なんとも言えないものがあります。



妻の態度に耐えきれなくなった夫も

夫婦喧嘩「近年、若い世代で経済的にも精神的にも自立した女性が増えてきているように、年配の女性も精神的に強くなってきています。昭和的な“守ってもらう弱い女性”はもう居ないと言いますか、『妻が耐えて家庭を維持する』といった古い概念はなくなってきています。

 こうした変化もあってか、男性からの熟年離婚のご相談理由には『これだけ働いているのに感謝してもらえない』『ATM的な存在の自分に耐えられない』といった声も多いです。

 現代の夫も、妻の態度に『耐えている』ケースが一定数あるわけです。社会的に望ましいことであると思いますが、昔にくらべて女性の意見が通りやすい側面もありますから、男性の立場は大変という見方もできるかもしれません」

 ちなみに、離婚理由は男女それぞれあるとはいえ、両者に共通するものとして、相手のモラハラを訴えるケースが一定数あるといいます。

 今は妻が夫に罵詈雑言を浴びせたり、手を出したりするケースも増えているので、相談者に男性が増えたり、そもそもカウンセリングではなく、弁護士へ離婚相談に行ったりするケースもあるというわけです。

悩み第1位は「どうしたらいいか分からない」

 カウンセリングに来訪する熟年離婚の希望者は、年代も理由も温度も幅広いものの、相談内容には共通する“心の声”があるといいます。

 それは「どうしたらいいか分からない」なのだとか。自分のことなのに分からないとは、いったいどういうことか。緒方さんから見ると、「長年自分の気持ちを置き去りにした結果」だといいます。

「カウンセリングにいらっしゃる方は、男女どちらも『どうしたらいいか分からない』と話す方が多いです。自分の気持が分からないけど、もうこれ以上我慢をしたくない状態です。

 現状は自分の選択した結果ではあるものの、そもそも『自分がこうしたい』からではなく、年齢や親の意見など、周りを意識して行動した結果だったりもします。

 つまり、熟年離婚を望まれる方には、夫婦関係だけでなく、長年自分の気持ちを置き去りにし、色んなことに我慢強く耐えていた方が多いんですね。これって、いわゆる『自分の気持ちに正直に生きる』とは真逆の選択です。周囲の目を踏まえて理性的に行動し続けた結果、『自分はどうしたいか』が、麻痺して分からなくなっているんです。

 今まさに悩んでいる方も多いと思いますが、ここは時間をかけ、本当の自分はどうしていきたいかを見ていくと、最終的に離婚でも再構築でも、納得できる答えが見えて来るのではないでしょうか」

 熟年離婚について、皆さんの中でイメージの変化や気付きはあったでしょうか。

 筆者はシンプルに妻側からつきつけるケースがほとんどだと想像していましたが、現実は男女間のあり方の変化によって、熟年の夫婦であっても、その形が大きく変わろうとしているのだなと感じるのでした。

<取材・文/おおしまりえ>

【緒方リサコ】

株式会社オフィス・サット・ピリアロハカウンセリング代表。25歳で結婚。47歳で子連れ離婚をする。「息子とも末長く良い関係を構築しお互いが成長していけたら」と、アドラー心理学(親子関係・家族関係)を学ぶ。親子/家族関係や嫁姑問題等を踏まえたパートナーとの関係修復や離婚相談、大切な人とパートナーシップを築くためのコミュニケーションのサポートができたらと、ピリアロハカウンセリングを設立し、現在に至る。

【おおしまりえ】
水商売やプロ雀士、素人モデルなどで、のべ1万人以上の男性を接客。現在は雑食系恋愛ジャーナリストとして年間100本以上恋愛コラムを執筆中。Twitter:@utena0518