トマトのヘタだけじゃない。

 梅雨時や夏場のお弁当は食中毒が心配 こんにちは、食文化研究家のスギアカツキです。『食は人生を幸せにする』をモットーに、「一生モノの能力を養う食育」についてさまざまな実践法を提案しています。

 毎日のお弁当作り、おつかれさまです。子どもだけでなく、自分や家族のために毎日続けるだけで大変ですが、梅雨時や夏場のシーズンは食中毒対策にも気を配らないとなりません。

要注意食材はミニトマトだけではない

 おにぎりの中心に梅干しを入れても、完璧な食中毒対策にはなりません おにぎりは素手で握らない、ジャガイモ料理を避けるなど、気をつけているポイントはいろいろあると思いますが、不十分な情報もたくさん出回っています。

 例えば、おにぎりの具材に梅干しを入れれば大丈夫というケース。米粒に抗菌効果が施されるわけではないため、ごはんと一緒に炊き込む、全体に混ぜ込むほうが賢明です。

 意外と知らない情報があったり、間違った対策をしている可能性もありますから、ここで一度改めて対策チェックをしてみるのはいかがでしょうか?

 蒸し暑い季節がはじまる前に、自分や家族の健康を守るべく意識を向けてみるだけでも有意義だと考えます。ここでは最近特に話題になっている食材である「ミニトマト」をきっかけに、「要注意食材はミニトマトだけではない!」というお話も合わせてご説明したいと思います。

お弁当にミニトマトは、なぜ危険だと言われるのか?

 お弁当の彩りのために活躍させやすいのが、ミニトマト。注意が必要なのはなぜなのでしょうか? お弁当に入れるミニトマトが危険? えっ、なんで? と驚く方は少なくないでしょう。理由は2つあります。

 まず一つ目は、ヘタの特長によるもの。ヘタのザラザラとした形状やくぼみのある構造が、食中毒の原因となる大腸菌などの繁殖しやすい状況を作り出してしまうのです。

 練馬区の調査(※)によれば、区内で流通している農産物のうちトマトを含む生食野菜の細菌検査を実施したところ、約20%から食中毒の原因となる細菌が検出されたとのこと。トマトからは大腸菌が確認されています。

 つまり、もともとの生野菜には問題となる細菌が付いている可能性があり、それらが残りやすい環境としてヘタの存在が指摘されているのです。

 そしてもう一つは、ヘタ自体の有毒性によるもの。トマトのヘタには「トマチン」というジャガイモのソラニンと似た構造を持つ有毒性成分が多く含まれています(完熟果実にはほとんど含まれません)。

 対策としては、細菌対策と合わせて幼児が間違ってヘタを食べることがないようにするためにも、ヘタを取ってからよく水洗いして水分をふき取るように心がけるのが推奨されています。

 そしてここからがもっと重要な話。注意すべきは、ミニトマトだけではないのです。

※参照…ねりま食品衛生だより第73号



生食用のヘタ付き果物も要注意!

 旬を迎えているチェリーにもヘタがあります ミニトマトの事例でわかるのは、そもそも生野菜をそのままお弁当に詰めるのは危険であるということ。キュウリのイボイボにも細菌が付きやすく水洗いで落ちにくい形状ですから、ミニトマト同様に十分に気をつける必要があります。

 そしてもう一つは、生食用が当たり前に思われがちな果物類。イチゴ、チェリー、ブドウ等のヘタが付いたまま売られているものに関しては、トマト同様に十分に気をつける必要があります。

 チェリーやブドウは子どものお弁当に喜ばれる食材でもありますから、ヘタを取りよく洗って水気をふき取るように心がけましょう。

 ブドウは小房ごと入れがちですが、常温で持ち歩く弁当の場合は細菌の繁殖がしやすいため避けたほうが良いでしょう 食中毒予防の三原則は、細菌を食べ物に「付けない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」ことにあります。

 今回の記事をきっかけに、具体的な対策を再点検していただけたら嬉しいです。

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12