ベッテル、まさかのミスで母国優勝を逃すも「今夜、眠れない夜を過ごすことはない」と前向き|F1ドイツGP

ベッテル、まさかのミスで母国優勝を逃すも「今夜、眠れない夜を過ごすことはない」と前向き|F1ドイツGP

 雨に足を掬われるような形で、ドイツGPの優勝を逃したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だが、悔しさから今夜眠れないようなことはないだろうとコメントした。


 ベッテルは、ドイツGP決勝をポールポジションからスタート。一時はチームメイトのキミ・ライコネンが先行するが、ポジションを入れ替えてからは首位を快走し、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)とのポイント差をさらに広げようとしていた。

 しかしレース終盤に入り、雨粒が落ち始めるとスピンするマシンが続出。そして51周目終わり、多くのドイツ人ファンが見守るスタジアムセクションで、ベッテルのマシンはコースオフ。そのままタイヤバリアに突き刺さり、リタイアとなってしまった。


 TVクルーに囲まれ、この残念な結果にどう対処するか訊かれたベッテルは「僕はバリアに突っ込んだ。そしてそこから出られないと気付いた。それに、どう対処しろって?」と答えた。

「僕が大きなミスをしたとは思わない。だけど、リタイアに終わってしまったから、レースには大きな影響を与えた」

「でも、僕がミスしてしまったことで、眠れなくなるような夜を過ごすことはないと思う」

「その時までは全てがうまくいっていたから残念だ。僕たちには雨は必要なかった」

 ベッテルは、ポールポジションを獲得しレースをリードすることができたことから、フェラーリのパフォーマンスをポジティブだと感じ、ドイツを離れることができると語った。

「僕たちは強力なマシンを持っている。だから、他の誰よりも自信を持つことができる」

「とてもポジティブな週末だった。たったひとつ、僕のミスを除いて」

「チームに謝る。彼らは全てを適切にこなして、僕の手に委ねてくれた。小さなミスだったが、大きな失望に繋がった」

 8ポイントリードでドイツに乗り込んだベッテルだったが、ハミルトンが優勝を挙げたことで25ポイントを獲得。ハミルトンが逆にベッテルを17ポイントリードしてハンガリーに向かうことになった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索