肺移植手術を受けたニキ・ラウダ、すでに自発呼吸を回復|F1ニュース

肺移植手術を受けたニキ・ラウダ、すでに自発呼吸を回復|F1ニュース

 3度F1王者に輝いたニキ・ラウダは、夏季休暇中に疾患を発症し、オーストリアのAHKウィーン病院に入院。8月2日に肺の移植手術を受けた。その後のラウダは、病院で順調な回復を見せているという。

 月曜日、オーストリア総合病院とウィーン医科大学が声明を発表。移植手術後、ラウダが順調に回復していることが明らかにされた。

 声明によれば、術後24時間でラウダは意識を取り戻し、すでに自発呼吸をしているという。

「術後、回復が続いている。全ての臓器が正常に機能している」

「患者は、完全に回復するまで、AKHウィーンで治療を受け続ける」

 なおオーストリア国内での報道によれば、ラウダの回復には、まだ数週間かかるとみられている。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索