”良血”フィッティパルディ、F1デビューなるか? 年末にハースF1をテストの可能性|F1ニュース

”良血”フィッティパルディ、F1デビューなるか? 年末にハースF1をテストの可能性|F1ニュース

 今季スーパーフォーミュラやインディカー、そしてWECなど様々なカテゴリーに参戦しているピエトロ・フィッティパルディ。しかも2度のF1王者に輝いたエマーソン・フィッティパルディの孫でもあり、その血統についても折紙付だ。

 ハースF1チームは、そのフィッティパルディをテストに起用することを検討している。

 フィッティパルディは5月のWEC開幕戦スパ6時間レースの際に大クラッシュを喫し足を骨折。各シリーズへの出走をキャンセルすることとなった。またその一方で、F1テストの可能性についてハースと話し合っていたという。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、フィッティパルティの体調が回復した後、テストに向けた交渉を再開するつもりだと語る。なおフィッティパルディは、先日ミッドオハイオで行われたインディカーシリーズでレースに復帰した。

「彼は再び、苦痛のない状態まで回復する必要がある」

 シュタイナーはハンガリーGPの際にそう語った。

「インディカーのテストの後、彼とはまだ話していない。しかし、メディアが書いているのを読んだだけだが、彼は順調に回復しているようだ」

「ノースカロライナに戻った時、彼と再び会うつもりだ。そして、今年の終わりに何ができるかを見極めるつもりだ」

「彼とは、今後の可能性について話していた。しかし彼が骨折したことで、その話し合いは止まっていたんだ」

「今それについて彼がどう感じているか、それを確かめる必要がある」

 シュタイナーはドイツGPの前にフィッティパルティに会い、回復の度合いを確かめたという。その時フィッティパルディに対して、「レースに復帰し、準備が整ったと感じたら、再び話をしよう」と伝えたようだ。

 フィッティパルディは、ミッドオハイオでのレースの際にはまだ脚に痛みが残っていた。しかし9月初旬には、100%の状態になれると感じていると語る。

 またフィッティパルディは、2019年にはF1で何らかの役割を手にしたいとの希望を、motorsport.comに対して語った。

「F1での仕事の可能性や、インディカーにフル参戦するチャンスがあれば、それをやるつもりだ」

 そうフィッティパルディは語った。

「フォーミュラEにも興味を持っている。でもF2は、チャンスがあったとしても僕が考えているモノじゃない」

「F1ならリザーブドライバーでもOKだ。しかしフルタイムで何らかのレースに参戦したいと思っている」

「それが僕の目標だ。とにかく、ハースのリザーブドライバーになるためには、まだ自分自身を示さなきゃいけない」

「僕は数週間前にギュンターと話をした。今年の末にテストするチャンスがあるかもしれない」

「でも、今集中しているのはインディカーだ」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索