新参入チームを探すより、まずはフォースインディアを守るべき……最新参チームのハースが主張|F1ニュース

新参入チームを探すより、まずはフォースインディアを守るべき……最新参チームのハースが主張|F1ニュース

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、フォースインディアのような問題を避けるためにも、現在参戦中の全チームの財政状況が安定するまで、新チームを受け入れるべきではないと考えている。

 過去2シーズン、トップ3チームに次ぐコンストラクターズランキング4位に輝いてきたフォースインディア。しかし財政難に見舞われ、今年のハンガリーGPを前に管財人の管理下に入った。

 そんな中、FIAは新チームの参加を目指し、2021年からレギュレーションを改定しようとしている。また、2019年シーズンから参戦を開始する新チームの募集も昨年行われたが、FIAのジャン・トッド会長曰く”本格的な”アプローチはなかったという。

 現在参戦中の10チームのうち、ハースは最も若いF1チームである。同チームの代表であるシュタイナーは、現状では新たなチームを受け入れるべきではないと主張する。

「フォースインディアは、F1に参戦するに値するチームだ」

 そう語るシュタイナーは、長期的に確実にサポートをすることができる新オーナーが現れることを望んでいる。

「それに値する人が現れて欲しいと思っている。それが私が考える唯一のことだ」

「チームを買う人が現れて、すべてのスタッフが仕事を続けられることを願っている。そして、F1には今後も10チームが参戦し続けて欲しい」

「18台でレースをすることもできる。でも、ここにいるべきではないようなチームがいるよりも、強い20台のマシンが走っていた方が良い。まずは今ある10チームを守るべきだと思う」

「多くの人々が、F1には11〜12チーム参戦するべきだと言う。しかし、10チームが生きていくのに苦労しているのに、なぜ11チーム目を探す心配をしなければならないのだろうか? 10チームをこのビジネスに残すことを心配してはいけないのだろうか?」

 2010年には、3チームがF1のグリッドに加わった。それはロータス、HRT、ヴァージンである。彼らは、F1にコスト上限策(バジェットキャップ)が導入されるとの計画があったため、参入を決定したという経緯があった。しかし、バジェットキャップの導入は実現せず、次第に3チームは財政的にも、そして成績面でも苦労が重なっていくこととなった。

 HRTは2012年限りでF1を撤退。ロータスは3年目のシーズンからケータハムとその名称を変更したものの、2014年限りでF1撤退となった。

 ヴァージンはマルシャと名称を変更し、2014年のモナコGPではジュール・ビアンキが9位に入り、新興3チームの中で唯一ポイントを獲得したチームとなった。しかし最終的には財政難に陥り、2016年限りでチームを解散することとなった。

 フォースインディアは、これらのチームと比較すれば、圧倒的に健全な財政状況のようにも見える。

 2021年はF1に新チームが加わるタイミングとして、適切だと考えるかと尋ねられたシュタイナーは、次のように語った。

「私には未来のことは分からない。しかしまずはフォースインディアを救わなければいけない」

「その後、2020年の末に現在参戦中のチームの全てが安定していたなら、その時初めて、将来のことを見ることができる」

「(新チーム参入について)私は反対しているわけではない。でも、11チームが参戦して、その年末に2チームが去って再び9チームになってしまったら、それは意味がないことになってしまう」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索