F1撤退の可能性を”恐怖”していたフォースインディア、新オーナー誕生に安堵|F1ニュース

F1撤退の可能性を”恐怖”していたフォースインディア、新オーナー誕生に安堵|F1ニュース

 フォースインディアのCOOを務めるオットマー・サフナウアーは、チームに新たなオーナーが見つかったことで、F1を撤退していったケータハムやマノーのような末路を辿らずに済んだことに安堵していると認めた。

 ハンガリーGPが開催されていた7月末、破産申請を行い新たなオーナーを求めていたフォースインディア。火曜日になり、チームの管財人とローレンス・ストロール率いる投資家コンソーシアムと合意に達したことが明らかになった。

 これにより、チームに支払い能力が戻ったことになる。チームの負債は全額返済され、チームスタッフ405名の雇用は維持。さらにチームへの投資として資金注入が行われることになるようだ。

 かつてフォースインディアと同じように管財人の管理下に置かれ、買い手が見つからずF1から撤退していったチームは多くある。2014年末には、ケータハムとマルシャが破産。ケータハムは撤退し、マルシャはマノーと名前を変えて参戦を継続した。しかしそのマノーも、新車開発を進めながらも2016年末にチーム売却交渉がまとまらず、破産しチームが消滅している。

 フォースインディアは2016年から2年連続でコンストラクターズランキング4位に輝いているチームであり、ケータハムやマルシャとは大きく状況が異なるが、サフナウアーは買い手が見つかるかどうか、不安に思っていたようだ。

「一旦管財人の管理下に置かれてしまえば、そのままそこから出られない可能性もあった」と、サフナウアーはmotorsport.comに語った。

「自分たちがどこに向かうのか分からないまま、チームのメンバーは全員、かなりの不安と恐怖を感じていた」

「このチームには未来があるということが分かっているのは、大きな救いだ。我々は、通常のF1チームとして、活動を継続することができる」

 サフナウアーは、管財人がチームへ投資をする新しいオーナーを見つける上で、重要な役割を果たしたと考えられている。

 新オーナーとなる投資家コンソーシアムには、カナダの大富豪でF1ドライバーであるランス・ストロールの父親であるローレンスの他、彼のビジネス・パートナーであるサイラス・チョウ、カナダの起業家やモナコでスポーツのマネジメント業を営む者、電気通信関係の投資家などが名を連ねている。

 新オーナーたちが、チーム上層部の人事を変更する計画を立てているかどうかは不明だ。

 過去11年に渡り、チームの共同オーナーをビジェイ・マリヤが務め、彼の代理としてボブ・ファーンリーが副チーム代表を担ってきた。サフナウアーは、自身やファーンリーが現在のポジションを維持できるかは分からないと述べた。

「近いうちに分かるだろう」

「まだそれが起こったばかりだ。私はまだ、新しいオーナーたちと”どうしたいか?”について話し合っていない」

 ローレンス・ストロールは、息子のランスがウイリアムズからF1デビューを果たしたため、2017年からチームに資金援助を行ってきた。しかし、ストロール親子は今季パフォーマンスに苦しむウイリアムズからの離脱を検討しており、フォースインディアへと移籍する可能性が高いとみられている。

 サフナウアーは、ドライバーの状況もチームスタッフが直面している状況と同じで、まだ何も分からないと話した。

「近い将来、これらの件について話し合いを行う予定だ。しかし、それは先を見据えてのことであり、後ろ向きではない」

 なお、マリヤの管理下から離れたフォースインディアは、2019年からチーム名を変更する可能性が高い。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索