KTM、ペドロサのテストライダー起用を熱望。ホンダもすでにオファー済み? 本人は”決断を急ぐ必要ない”

KTM、ペドロサのテストライダー起用を熱望。ホンダもすでにオファー済み? 本人は”決断を急ぐ必要ない”

 MotoGPに参戦するオーストリアのバイクメーカー、KTMは、今シーズン限りでMotoGPを引退するダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)を来年からテストライダーとして起用したがっているという。

 先月、ペドロサは今年限りでMotoGPから引退することを発表した。その後任として、ホルヘ・ロレンソ(現ドゥカティ)のレプソル・ホンダ加入も決まっている。

 ホンダは、ペドロサをテストライダーとして起用することに関心を持っており、すでにそのオファーをしたのではないかとみられている。またドゥカティでケーシー・ストーナーがアンバサダーという役割を担っているように、ホンダもテストライダーに加えてアンバサダーの役割をペドロサに打診したようだ。

 しかし、ペドロサがテストライダーを務めるのはホンダではなく、来年ヨハン・ザルコ(現テック3・ヤマハ)とポル・エスパルガロ(KTM)を起用するKTMになるのではないかという可能性が浮上した。

 複数の情報源によると、KTMはペドロサがテストライダーの役目をしっかりとこなしてくれるだろうと仮定し、彼がバイク開発のためにも適任であると考えているという。

 KTMのチームマネージャーであるマイク・ライトナーは、特にペドロサを起用したがっている。またレッドブルとの繋がりもある。レッドブルはペドロサの個人スポンサーと、KTMのメインスポンサーを務めている。

 だが先週末のチェコGPの際に、いずれかのオファーを受けることを検討したのかとペドロサに尋ねると、こう答えた。

「将来のことについてはあまり考えていない」

「僕はすでに(引退するという)決断をしたし、発表もした。自分の時間が必要だ。それ(テストライダーのオファーを受けるかどうか)については急いでいない」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索