新オーナー得たフォースインディア、逆襲へ向け一歩。ベルギーGPでアップデート投入を目指す|F1ニュース

新オーナー得たフォースインディア、逆襲へ向け一歩。ベルギーGPでアップデート投入を目指す|F1ニュース

 破産申請をしていたフォースインディアだが、ローレンス・ストロールが率いる投資家集団と、チームの管財人が合意。チームは新しいオーナーを得たことで、ベルギーGPに向けてアップデート投入を目指して動いているようだ。

 ウイリアムズのF1ドライバーであるランス・ストロールの父であるローレンスが率いる投資家のコンソーシアムが、新しいオーナーとしてチームの将来を担うことになった。

 これにより、破産状態だったチームのスタッフは職を失う危機から解放され、チームに支払い能力が戻ったことで、ストップしていたアップデートパーツの投入も再開されるだろう。

 現在、F1は夏休みの真っ最中であり、シーズンが再開されるのは、スパ・フランコルシャンで8月26日(日)に決勝が行われるベルギーGPから。その1週間後にはイタリアGPも開催される。

 フォースインディアのCOOを務めるオットマー・サフナウアーは、motorsport.comに対し、ベルギーGPまでにアップグレードパーツの導入ができると期待しているが、イタリアGPまで待つことになるかもしれないと話した。

「それを望んでいることは事実だ。もしそうならなくても、モンツァまでには間違いなく導入される」

「保留になっているコンポーネントがいくつかある。サプライヤーが、その準備を整えられるかどうかは分からない。夏休みの間は、働けない期間があるからね」

「だから、スパの前には数日しか余裕がない。もしスパの前に準備ができなくても、モンツァまでには問題ない」

 チームは、新しいオーナーからの投資を即座に受け取ることができ、チームが管財人の手から完全に離れた段階で、さらに多くの資金を得ることが可能だという。これにより、2019年用のマシン開発も再開することができる。

 2016年から2年連続でコンストラクターズランキング4位になっているフォースインディアだが、今年はチームの財政的な問題もあってか、現在ランキング6位。5位のハースと7ポイント、4位のルノーからは23ポイント差をつけられている。

「資金調達が必要なのは間違いない。そうでなければ、うまくはいかない」とサフナウアーは述べた。

「我々は、今年と来年、両方のアップグレードのためにサプライヤーに支払いを再開し、必要な素材を購入しなければならない」

「我々は来年のマシンを開発している最中であり、資金がなくてはそれを進めることができず、より良い時が来ることはないんだ」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索