ジョビナッツィ「シミュレータードライバーでないことを証明したい」来季のシート獲得目指す

ジョビナッツィ「シミュレータードライバーでないことを証明したい」来季のシート獲得目指す

 フェラーリのサードドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィは、今年F1でレースができないというのは非常に辛い状況であり、シートを獲得するためにも”自分はシミュレータードライバーではない”ということを証明したいと語った。

 ジョビナッツィは、2016年にピエール・ガスリー(現トロロッソ)とGP2(現在のFIA F2)でタイトルを争い、僅差でガスリーに敗れた。翌年には負傷したパスカル・ウェーレインの代役としてザウバーからF1にデビューし、2戦を戦ったものの、それ以降の彼の活動はフェラーリとザウバーでのテストや、ザウバーとハースからフリー走行に出走しただけだ。

 フェラーリは2017年にジョビナッツィをサードドライバーに起用。彼はシミュレーター作業を担当するドライバーとして、ファクトリーで様々なセットアップに関わる作業を行い、チームにとって欠かせない存在となった。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はジョビナッツィの仕事を公に賞賛しているが、ジョビナッツィ自身は、いつまでもこの役目を担うことは避けたいと考えている。

「僕はシミュレータードライバーではない。マシンに乗りたいんだ」とジョビナッツィは話した。

「それが来年の僕の目標だ。チャンスが欲しいし、自分は準備ができているのかどうかということを確かめたい。僕は良いドライバーであり、ただのシミュレータードライバーではないからここにいるというのを示したい」

「それでも僕は本当にラッキーだ。多くのドライバーにとって夢であろうスクーデリア・フェラーリのサードドライバーなんだ。フェラーリとサインをした時、夢が叶ったと思った」

「もちろん、自分がトラック上にいないというのは本当に辛いことだ。僕は1年間待って、今も待っている。だけど言ったように、僕はチャンスが欲しいし、良いドライバーだからここにいるんだということを示したい」

 今年、ジョビナッツィはザウバーから2回フリー走行に出走しており、そのチャンスをきっかけに来年のザウバーのシートを獲得したいと考えている。

「チームには本当に満足しているし、彼らも本当によく仕事をしている」

「でも僕たちは待たなければならないんだ」

「今僕が集中しなければならないのは、マシンのフィーリングを良くして、メカニックやエンジニアなど、チームの全員を知ることだ。それができれば、僕も準備ができているということだ」

「他のドライバーの動き次第だ。移籍するとかチームを離れるとか、たくさんのドライバーの噂がある」

「でも僕らは待たないといけない。もちろん、目標はグリッドにつくことだ。来年そうできることを願っている」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索