ルノーの功績はプレッシャー? 日産、フォーミュラEデビューに向け語る「物事は甘くない」

ルノーの功績はプレッシャー? 日産、フォーミュラEデビューに向け語る「物事は甘くない」

 日産のグローバル・モータースポーツ・ディレクターのマイケル・カルカモは、フォーミュラEにシーズン5から参入するにあたり、ルノーの成功からプレッシャーを受けていると語る。

 日産はルノーの活動を引き継ぐ形で、今年の12月から開幕するシーズン5から、フォーミュラEへの挑戦をスタートさせる。ルノーはフォーミュラEから退く代わりに、F1の活動に専念することとなる。

 セバスチャン・ブエミとニコラス・プロストのコンビで、シーズン1から参戦してきたルノー・e.ダムス。これまでの4シーズンで合計15勝を記録し、3度のチームタイトルも獲得した。またシーズン2ではブエミがドライバーズチャンピオンに輝いている。

「それは確かに、我々に大きなプレッシャーをかけることとなる。そうお伝えすることができると思う」

 そうカルカモは語った。

「日産とルノーは、同じアライアンスの中にいる。しかしそのことは、私がこのプロジェクトを最初に提案して以来、物事を楽にさせたことはない。しかし、参考にできるということは良いことだ」

「チームに能力があるということは分かっている。e.ダムスは堅実なチームであり、そのことが我々に良いベースを提供してくれる」

「そういうポジションからスタートできるというだけで、物事は思うほど甘くはない。我々はより高い位置に到達するべきだ」

「シーズン5からは全く新しいクルマになるし、ドライバーも新しくなるだろう」

「新しいことがたくさんある。予期せぬ、紆余曲折が起きることだろう。しかし、しっかりと準備をすることで堅実な基盤を築き、リヤド(シーズン5の開幕戦/サウジアラビアの首都)に来られることを願っている」

 ルノー・e.ダムスとしての最終シーズンとなったシーズン4は、パワートレインの開発を行わなかったこともあり、厳しい結果に終わった。未勝利に終わったばかりか、ブエミは過去最低成績となるランキング4位、チームメイトのプロストに至っては、わずか8ポイントしか獲得できなかった。

 カルカモは日産としてのデビューシーズンへの期待を語ることを嫌う。

「望んでいるポジションについては、言うべきではないと思う」

 そうカルカモは語った。

「我々が正しい方向に進んでいるということを知り、自身を持つことが必要だ」

「完璧な準備を行ったとしても、レースでは不運が起きることもある。すべての要素をまとめなければならないんだ。それは容易なことではない。そして我々は、1歩ずつ進んでいくことになるだろう」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索