2021年導入のF1新規則は”今後数カ月”で完成か。F1会長チェイス・キャリーは妥協策が必要と主張

2021年導入のF1新規則は”今後数カ月”で完成か。F1会長チェイス・キャリーは妥協策が必要と主張

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、今後数カ月以内に、2021年に導入する新しいレギュレーションと商業契約の核となる部分が仕上がるのではないかと考えている。

 2021年以降の新しいエンジン規則については、FIAとF1が最初に提出した案をフェラーリを含む複数のメーカーが拒否したため、すでに決定が遅れている。しかし依然としてこれを確定させることが最優先事項であり、まもなく確定するものとみられている。

 また来年からフロントウイングを簡略化する案が決定しているが、キャリーは、より長期的な計画の中でさらにF1を改善させられると自信を持っている。だが彼は、10チームとの議論を続けるためには妥協が必要になることを認めた。

「我々は来シーズンに向けて、複数のレギュレーション変更を導入した」とキャリーは話した。

「そしてF1をさらに改善するため、今後数週間の間により多くの競技規則の変更を導入するつもりだ」

「これは最も重要なことだが、我々はコスト構造や分配金、レギュレーション、運営など、いわゆるコンコルド協定と呼ばれるものを幅広く変更して前進し続けたい。我々はチームと共に素晴らしい改善を遂げ、目標に到達してきた。2021シーズンに向けて、この数カ月のうちにこれらの取り決めをまとめるためにも、ひとつひとつに取り組んで適切な妥協策を見つけ出す必要がある」

「議論については良い感じだ。だが、細かいところに落とし穴があり、我々はあらゆる点に取り組む必要がある。人々が目標や方向性、F1のビジョンなどに合意してくれるだろうと私は考えている」

「詳細なことを議論するためにも、適切な妥協策を見出さなければならない。誰も全てを自分の思い通りにしようとはしていないし、全員がそれを認識しているはずだ。自分がそれをやり遂げるまでは、終わったことにはならない。しかし、議論や我々の向かう方向性などには満足している」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索