レッドブル、アロンソ獲得を否定「彼は素晴らしいが、どこへ行っても混乱を招く傾向にある」|F1ニュース

レッドブル、アロンソ獲得を否定「彼は素晴らしいが、どこへ行っても混乱を招く傾向にある」|F1ニュース

 今季限りでレッドブルを離れ、来季からルノーのワークスチームに加入することを決めたダニエル・リカルド。この決断によりレッドブルのシートがひとつ空くこととなり、そこに誰が加入するのか、大いに注目が集まっている。

 その候補のひとりになるのではないかと噂されるのは、現在マクラーレンで苦しんでいるフェルナンド・アロンソである。アロンソは2015年からマクラーレンに復帰して以来厳しいシーズンを過ごし続けており、勝利が狙える体制を熱望しているとされる。

 しかしレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1の公式ポッドキャストでアロンソ獲得を否定。レッドブルの育成ドライバーを起用するべきだと語った。

「私はフェルナンドを大いに尊敬している。彼は実に素晴らしいドライバーだ。しかし、彼がチームに加入するのは非常に難しいだろう」

 そうホーナーは語った。

「彼はどこへ行ったとしても、混乱を招く傾向がある。フェルナンドが加わることが、チームにとって健康的なモノになるとは思えない」

「我々が目指すところは、明らかにキャリアの終わりに近いドライバーを起用するよりも、若者への投資を継続することだ」

 レッドブル傘下のドライバーのうち、リカルドの後任候補と目されているのは、現在トロロッソ・ホンダを走らせるピエール・ガスリーと、ルノーにレンタル移籍しているカルロス・サインツJr.のふたりである。

「幸いなことに、契約を結んでいるドライバーのうち何人かが、優れた才能を持っているのは間違いない」

 そうホーナーは語る。

「私は動じず、状況を評価するつもりだ。そして、どうなるのか見てみることにしよう」

「我々のマシンは、信じられないほど魅力的なクルマだ。彼らが求めているモノに不足することになるとは思わない」

「すべてのことを見ていくことになるだろう。しかし優先すべきは、これまでも成功してきたように、我々の中にいる才能への投資を続けていくことだ。(セバスチャン)ベッテル、(マックス)フェルスタッペン、リカルド、サインツ、ガスリー……彼らは我々のジュニアプログラムから育って行ったドライバーたちだ」

「ふたり(サインツとガスリー)は、共に非常に速いドライバーだ。だからこそ我々は、ひと息つくことができると思う」

「とにかく彼らは、今年の夏、もしくはそれ以降まで、我々との契約下にある。我々は利用できる可能性を見極め、そしてチームにとって正しい決断を下さなければいけない」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索