トロロッソのガスリー、ホンダのPU供給能力に太鼓判「2チーム体制になっても、その供給能力に問題はない」|F1ニュース

トロロッソのガスリー、ホンダのPU供給能力に太鼓判「2チーム体制になっても、その供給能力に問題はない」|F1ニュース

 来季からレッドブルにもパワーユニットを供給することになるホンダ。つまり、現在のトロロッソと合わせ、合計2チームにサービスを提供することになる。

 今季はトロロッソ・ホンダのマシンを駆り、ここまで3レースで入賞してきたピエール・ガスリーは、ホンダが2チーム供給体制になったとしても、現在と同様のサポートを受けることができるはずだと考えている。

「何か違いが生じるとは思わない。なぜならホンダは、2チームに同じだけのサービスを提供するのに、十分な規模を持っているからだ。もちろん、トロロッソがパフォーマンスの面でレッドブルと戦うのは難しいだろうけどね」

 そうガスリーは語る。

「だから、今と同じように、トロロッソに対しても献身的に尽くしてくれるだろう。でも現時点では、レッドブルは明らかに勝利のために戦うチームであり、彼らはホンダとより良い成績を残すだろう」

 ホンダとの仕事を始めるにあたり、レッドブルの面々は、ガスリーに対して多くの質問を投げかけているという。

「僕はドライバーやマネージャーなど、多くの人たちから質問を受けている。一般的なパフォーマンスについてや、問題を抱えた時の対処の仕方、そして色々なことの進み方についてなどね」

 ホンダは2台のマシンのうち、ガスリー車を日本人スタッフのグループが担当、もう1台のブレンドン・ハートレー車をイギリス人スタッフが担っているという。これについて尋ねられてガスリーは、次のように説明した。

「その通り。1台のマシンは日本人が担当し、もう1台はイギリス人が担当している。チームがそういうことを決めた。どうしてそうなっているのか、僕には分からないけど……とにかく、彼らがそうすると言ったんだ。でも、僕はその決定に関与していない」

 日本人スタッフと仕事するのは、ガスリーにとってこれが初めての経験ではない。彼は昨シーズン来日し、スーパーフォーミュラにフル参戦。その際、ホンダの日本人スタッフと仕事を共にした。

 現在のF1でも、スーパーフォーミュラの時のような雰囲気を感じているかと尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「彼ら(現在トロロッソ担当として働くホンダの日本人スタッフたち)は、ヨーロッパの雰囲気に馴染んでいる。ある程度はね。でも、話をする時には、フランス人やイタリア人と接する時とは少し違ったアプローチをする必要がある」

「スーパーフォーミュラの時よりも、F1での方がもっとプロフェッショナルだ。なぜなら、働いている人の数が多いから。仕事のやり方自体はスーパーフォーミュラの時と似ているけどね」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索