フェルスタッペン「MotoGPバイクに乗ってみたい!」と希望も、レッドブル「危険だから」と一蹴

フェルスタッペン「MotoGPバイクに乗ってみたい!」と希望も、レッドブル「危険だから」と一蹴

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、MotoGPのマシンに乗ってみたいと考えている。しかし所属チームであるレッドブルは、これを許可しなかったようだ。

「僕はMotoGPバイクを試してみたい。僕は8歳の時、二輪と四輪の両方でレースをした。それは本当に楽しかったんだ」

 フェルスタッペンは昨年、F1レーシング誌にそう語った。

「二輪は少し危険だったけどね、もちろん。でも、絶対に試してみたいと思う」

「MotoGPは全く別の世界だろう。でも、コーナリングでマシンを傾け、膝をする感覚が好きなんだ」

 それから1年後、フェルスタッペンはレッドブルに対し、MotoGPバイクに乗ることについて相談したという。しかしそれは却下されてしまったようだ。

「2輪のマシンでレースするのが大好きなんだ。でも、それを許されてはいない」

 フェルスタッペンは自身の個人スポンサーであるExactのイベントでそう語った。

「僕はハーレー(ダビッドソン)を買ったし、チームにMotoGPのバイクに乗れるかどうか尋ねたんだ。レッドブルは、KTMとホンダのスポンサーを務めているからね。そして、レッドブルリンクというコースもある」

「しかし彼らは、はっきりと”ノー”だと言った。あまりにも危険だと言うんだ」

 とはいえ、MotoGPとF1間の”クロスオーバー”テストは、これまで何度も行われている。

 最近の例では、レプソル・ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサが、レッドブルリンクでレッドブルのF1マシン(トロロッソ・ホンダのカラーリングが施された)を走らせた。

 またホンダは、年末にツインリンクもてぎで行われる”Honda Racing THANKS DAY”で、フェルナンド・アロンソをMotoGPマシンに乗せたことがある。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索