強力になったホンダエンジンを使う、来季のレッドブルは脅威かも……メルセデス代表が警戒感

強力になったホンダエンジンを使う、来季のレッドブルは脅威かも……メルセデス代表が警戒感

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、来季から空力に関するレギュレーションが変更されることを受け、勢力図が一新される可能性があると指摘している。

 2019年シーズンから、F1は空力に関するレギュレーションが変更されることとなっている。これにより、フロントウイングは200mm幅広になり、前後の長さも25mm延長される。その一方で現在よりもシンプルなデザインになる予定だ。これらの変更の結果、今よりもオーバーテイクしやすいマシンにすることが目指されている。また、ブレーキダクトのデザインも、よりシンプルなモノに置き換えられる予定だ。

 この2019年シーズンのレギュレーションは、今年の7月に承認された。しかし、規則の抜け穴を埋めるため、F1チームとの間で議論が行われてきた。

 メルセデスのウルフ代表は、この空力規則の変更が、F1の勢力図を変える可能性があると考えている。

「最大の影響は、空力面の規則が全く新しくなることだと思う」

 2019年シーズンについて尋ねられたウルフ代表は、そう語った。

「それは、すべてのことを上下逆さまにしてしまうことになりかねない。誰かが抜け穴や革新的な技術を見つけたり、あるいは他のチームよりも早く、うまく活用する方法を理解するかもしれない」

「来季はとても大きな規則変更があり、今は全く意識していないチームがそこに上がってくる可能性すらある」

 そうウルフ代表は語る。

 2014年に現行のV6ターボエンジン+エネルギー回生システムの”パワーユニット”規則が施行されて以来、メルセデスは圧倒的な強さを誇ってきた。この間、メルセデスは実に72勝。対するフェラーリは13勝、レッドブルは11勝に過ぎない。

 パワーユニット規則実施以降、レッドブルは一貫してルノーのパワーユニットを使ってきた。しかし来季からはホンダに切り替えることとなっており、チームはホンダが提供するパッケージに強く信頼している。

 レッドブルが安定して高いパフォーマンスを誇るシャシーを生み出しているのは、広く知られている。そのシャシーと新しいホンダのパワーユニットにより、来季からはメルセデスやフェラーリと互角に渡り合えることを期待しているのだ。

 レッドブルが2019年の脅威になると考えているかと尋ねられたウルフ代表は「そうかもしれない」と語った。

「決まった形にはならないというのを、我々は見てきた。サーキットを支配するのは、ひとつのチームだけではないんだ」 

「状況は変わった。それにホンダエンジンは、今では非常にパワフルに見える。そして、レッドブルは優れたグループだ」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索