ジョージ・ラッセル、来季F1デビューが決定。ウイリアムズ入り

ジョージ・ラッセル、来季F1デビューが決定。ウイリアムズ入り

 メルセデスの育成ドライバーとしてF1を目指してきたジョージ・ラッセル。昨年はGP3でチャンピオンに輝き、今季はF2初年度ながらタイトル獲得に王手をかけている。


 そのラッセルが、来季ウイリアムズからF1デビューすることが決まった。ウイリアムズとラッセルの契約は複数年。また、メルセデスとの関係も継続するという。

「名声と伝統あるウイリアムズに加入することは、大きな名誉だ」

 ラッセルはそうコメントを発表している。

「この決断を下すことを決めてくれた、クレア(ウイリアムズ/チーム副代表)とウイリアムズの皆さんに感謝したい。同じように、GP2とF2時代を通じて素晴らしいサポートをしてくれた、トト(ウルフ/メルセデスのチーム代表)とメルセデスのチームにも感謝したい」


「グローブの(ファクトリーの)皆さんと一緒に働き、F1レースドライバーとしての第一歩を踏み出すことに、非常に興奮している」

「来年のメルボルン(開幕戦オーストラリアGP)、そしてウイリアムズに加わるのが待ちきれない。僕らは皆、エキサイティングな新しい旅の始まりになると確信している」

 ウイリアムズのチーム副代表であるクレア・ウイリアムズも、ラッセルを歓迎するコメントを発している。

「ウイリアムズでは、常に若い才能を育てようとしてきました。ジョージはその精神に完全に一致しています」

「彼はすでに、パドックで高く評価されています。そして、我々がしばらくの間注目してきたドライバーでもあります」

「これまで彼と過ごしたことで、彼は我々のチームにとって最適なドライバーであると信じています。彼の責任感や情熱、そして献身的な姿勢はまさに、我々が将来を見据え、グローブで新たな勢いを構築するのに必要としているものです」

「我々はジョージを歓迎し、共に働くことにとても興奮しています」

 なお、ラッセルの来季のチームメイトは、現時点では未定である。一時はエステバン・オコン(現フォースインディア)もウイリアムズ入りを目指したが、ラッセルの加入によりその可能性は潰えたと考えられる。

 現在のウイリアムズのドライバーのうち、ランス・ストロールはフォースインディア移籍が濃厚。セルゲイ・シロトキンが、ウイリアムズの候補のひとりと思われる。また、現在リザーブドライバーを務めるロバート・クビサや、F2参戦中のロシア人ドライバーであるアルテム・マルケロフも、残るひとつのシート獲得を狙っている。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索